60歳以上の人は、色々なスパイスを料理に使おう!!血圧に減塩対策は、スパイスが良い!!

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

アメリカの研究において、減塩対策にはスパイスが効果的であることが分かりました。

この研究では、60〜85歳の健康的な方を対象に行われ、様々な味覚のテストを行いました。

何故、60代以上なのか??

加齢により、病気が出るだけで無く、味や臭いを感じる能力が低下することが知られているからです。

良く認知症の方は、自分の臭いなどが分からなくなることも、この一つの例でしょう。そのため、部屋が異臭を放ったり、お風呂に入らなくなったりしていても、平気な状態になるとも言われます。

その中でも、塩味を感じにくいとなれば、ドンドンその塩分は多くなります。そうなると、心血管疾患リスクが増大する可能性も考えられます。

そこで、以下のような研究を閃きました。

サムネイル画像

ハーブなし・ハーブ入り・ハーブとスパイス入りの3種類のホワイトソースで、塩分濃度も5つに分類したのです。薄いものから順に濃くしてきます。(0.18、0.27、0.36、0.50、0.75質量パーセント濃度(w/w%))

以前にも似た実験があったそうですが、多くは水で行っており実際の食事と異なっていました。現実的なソースとする事で、多くの人が味を楽しむ事も味覚テストに入れていることが、新しい実験となります。

この実験結果により導き出されたのが、ソースにハーブ・スパイスを加えると、塩分量の違いを判別しにくい事が分かりました。

ハーブだけでは、塩分量の違いを判別しにくくなることはなかったのです。つまり、スパイスが影響しているという事が分かります。

そのため、60歳以上の人には、料理にスパイスを使うと、食事の味に影響受けないので無理せずに血圧をコントロールできる事が分かったのです。

そこで、簡単で美味しいスパイスを使おう!!

一つ一つのスパイスを集めて、自分好みの調味料を作るのは、酷く面倒だと思います。

漢方薬も同じ事が言えます。一つ一つの生薬を掛け合わせて、一つの薬が作られます。

そのため、それを日々自分自身でやる・・・。中々の労力かと思います。

漢方薬は、薬なので知識が必要となりますが、調味料は違います。すでに、美味しく作られているものが存在しているです。

そこで、おすすめのスパイス入り調味料を紹介しましょう。

おすすめスパイス調味料(元気堂の偏った好みなので、ご了承を・・・。)

■ 黒瀬のスパイス

もう、知っている方も多いかと思います。

これをバーベキューやキャンプで持っていけば、これ一つでプロの味と思えるくらい美味になります。

普段の料理にも、少し振りかけるだけで味が格段に変わるでしょう。他のブレンドされたスパイスは、ニンニクがガツンと来るものが多く、味も濃いのが多い傾向があります。

この黒瀬のスパイスは、それよりもマイルド気味で使いやすく感じます。一度試したら、虜になる悪魔のスパイスかもしれません。

まとめ

減塩食で、食欲が沸かない方は、スパイスを取り入れてみてはいかがでしょうか??

生活習慣病の方には、おすすめの方法かと思います。

家族歴がある方は、早めに取り入れる事で未病として予防できるかもしれません。

以上、参考になれば幸いです。

参考文献:「Food Quality and Preference」6月号に掲載。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA