4/9は、子宮の日。子宮頸ガンなどを予防する上で、どのようにすればいいの?? 東洋医学から学ぼう。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

4/9でシキュウと読み、子宮の日と言われます。最近では、子宮の悩み(月経不順・生理痛など)が多くなっています。

多くの原因は、冷えや過度なダイエットが関係をしています。若い時に、過多のダイエットをして、無月経・生理不順などを引き起こしたり、ファッションでお腹や足を出すことにより、子宮が冷えやすい事が関与しています。

この時に、私は問題ないよ!!ちょっとくらい、大丈夫!

そのような考えは、多いかと思います。ですが、多くの人が言うのは、若い時に気をつけていればなぁー・・・。

このような言葉を言うのは、年齢を重ねて色々と体調不良が出てきたからだと思います。

私の知り合いにも、若い時に過度なダイエットをしたために、不妊症になって苦労した方もいます。

また、人とは、ストレスにより自律神経を乱し、それがホルモンバランスを崩す事もあります。

今回は普段から出来る養生について話して行きましょう。

サムネイル画像

東洋医学では、補腎・補血が大切。

□ 補腎というのは、腎精という生命エネルギーを補充する事を指します。この腎精は、老化現象や生殖器の成長に関与します。そのため、二次成長や20代くらいまでは、伸びていきます。

しかし、それ以降は下降傾向になります。腎精が減っていくことで、人は衰退していきます。その際に、閉経・更年期障害・白髪・インポテンツなどの老化現象が起こります。

補腎を心がけるという事は、この減っていく流れを緩やかにする作用があります。

□ 補血とは、血を補う意味です。血は、ほぼ血液のイメージで問題ありません。しかし、血液だけで無く、栄養・潤いなど東洋医学では大きな概念があります。

ここでは、血液のイメージで話して行きましょう。

女性は、月に一度の生理により、血液を失います。そのため、人によっては月経過多で貧血・血が不足する血虚という症状になりやすくなります。

不足しやすいため、それを補う事は大事というのは分かるかと思います。

この血は、食事から作られていくので、過多のダイエットだと補えなくなります。これが、若い時であれば何とか腎精の貯蓄もあるので、耐えることが出来るかもしれません。

しかし、それが減ってきた時には、血も腎精も無ければ、子宮に大きなダメージが来る事が想像しやすいかと思います。

腎精の不足・血虚が起こると、どうなる??

今回は、子宮に関してのみ話していきますので、ご了承を。

まず、血虚が起きると、子宮に栄養が行かず生理不順・生理痛が酷くなる事が起きます。その他にも、血が少ないので、その流れが淀みが起きて、瘀血という症状になります。この瘀血は、汚い血という意味でもあり、良い状態とは言えません。

この瘀血というのは、寒さなどの冷えでも引き起こされます。お腹や下肢が冷えると、血液循環から子宮を冷やすので、機能の低下も引き起こします。

生理というのは、赤ちゃんのベットとなる子宮膜が剥がれることで起きます。この内膜を作るのが、栄養であり血の役割の一つです。

これが上手に剥がれない、ふかふかのベットにならないなどが起きれば、子宮内膜症・子宮筋腫・不妊症などの原因となります。

また、腎精が不足していれば、生殖機能が上手に育たなかったり、早く子宮が年を取り閉経が早まるなどが起きます。

サムネイル画像

初めにやるべきは、食事の改善と防寒対策!!

やはり、食事というのは大切となります。きちんと、栄養を取る事が良いでしょう。

中でも、補腎・補血作用のある食材がおすすめ。

補腎作用としては、豆類・ヤマイモ・銀杏・牡蠣・海藻類などが良い。

補血作用としては、レバー・クコの実・肉類・うなぎ・ホウレンソウなどが良いとされます。

防寒対策としては、夏も冬もしっかりして置くことでしょう。夏もクーラーで冷える事が多く、注意が必要な時代ですね。

もっと簡単にできないの??その場合は、漢方薬。

□ 温経湯

温経湯は、血の巡りを良くし、身体を温めてくれます。構成生薬には、補血作用・補気作用も含まれ、女性にお勧めできる漢方薬の代表的です。

□ 八味地黄丸

八味地黄丸は、補腎作用と身体を温める生薬で構成されています。加齢により起こる症状なら、こちらを試してみると良いでしょう。

まとめ

4/9は子宮の日。今回の記事で、少しでも役に立って貰えたら、嬉しいです。

早い内から、健康を考えておくと、近い将来を良い方向で迎える事が出来るかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA