夏になると、無性に食べたくなるのが・・・カレー!! ちょい足しスパイスで、より美味しく仕上げよう!

サムネイル画像

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

暑いときにこそ、発汗して涼しくなる食べ物が良い!! そんな時に夏の定番であるのは、カレーです。

キャンプでも定番の料理かと思います。

また、テレビのCMでも見ていると食欲がそそられる事でしょう。

ただ私もそうですが、多くに方が市販のルーを使っているかと思います。それは、十分に美味しく手間がかからない!!早くて、安くて、旨いの三拍子が揃っています。

そんな元から美味しいカレーにちょい足しする事で、もっと美味しく出来たら嬉しくはないでしょうか??

楽して美味しい物が食べたい!!こんな欲求はないですか??

今回は、手作りガラムマサラを作ってみたいと思います。

ガラムマサラは、スパイスに興味が無いと聞いた事が無いかと思います。

私もはじめて聞いた時には、FF(ファイナルファンタジー)に出てくる敵かと思いました。

そんなガラムマサラは、インドのブレンドスパイスの事を言います。ブレンドのため、ガラムマサラといっても色々なタイプが出来るのが特徴です。

最後の仕上げに、ガラムマサラを入れることで、香りやスパイスが引き立ち、美味しさが倍増すると言われます。

基本的には、以下の7つのスパイスを使います。アーユルベーダから由来するので、生薬としても使われています。

【カレー4皿分】

・ クミン(馬芹 ばきん ) 3杯

・ コリアンダー (胡荽子 こずいし) 4杯

・ カルダモン (白豆蔲 びゃくずく) 0.5杯

・ クローブ (丁字 ちょうじ) 0.5杯

・ ナツメグ (肉豆蔲 にくずく) 0.5杯

・ シナモン (肉桂 にっけ)0.5杯

・ ブラックペッパー 適量または苦手なら入れなくても良い。

全てティースプーンなどの小さい匙で、おおよそで大丈夫です。あくまで参考程度なので、キッチリしなくても問題はありません。しかし、使う分だけ作りましょう。作って放置だと、せっかく香りが飛んでしまいます。

クミンやコリアンダーが基本となります。これが、香りのベースとなります。市販のカレールーにも、含まれています。

そこに、クラフトコーラと同じ材料であるカルダモン・クローブ・ナツメグ・シナモンで香りに深みを持たせます。

最後に辛さの調節としてブラックペッパーを使います。

ガラムマサラ材料

左 クミン

真中 コリアンダー

白皿 右上 カルダモン

白皿 右下 シナモン

白皿 左上 ナツメグ

白皿 左下 クローブ

あれれ??ターメリック(ウコン)は使わないの??

実は、ターメリック(ウコン)は基本的に味付けや香料でなく、色づけのために使われているので、今回は使いません。

実は、馬芹の別名は当帰(とうき)という生薬です。これは、身体の補血剤の代表生薬で、女性の聖薬とも呼ばれる生薬です。血を増やし、巡らせる作用があります。そのため、貧血・皮膚のかさつき・月経不順などにも効果があります。

そこに、他のスパイス(生薬)が健胃作用を持つので、胃腸を整え食欲増進に働きます。また、香りによる精神をリラックスさせる作用もあります。

皆さんが普段食べているカレーも実は、薬膳の一つと言えるでしょう。

注意点は、やはり香り!!

カレーを食べる直前に、ガラムマサラを加えて、ひと煮立ちさせる事です。加熱しすぎると、香りが飛んでしまいますので、気をつけてください。

実際に、原物を砕いて、ガラムマサラパウダーを作ってみた!!

色々と使えるので、今回は少し多めに作ります。実際に作る際には、上記のティースプーンの割合で作ると良いでしょう。

ガラムマサラ末

・ クミン(馬芹 ばきん ) 15g

・ コリアンダー (胡荽子 こずいし) 20g

・ カルダモン (白豆蔲 びゃくずく)

 2.5g

・ クローブ (丁字 ちょうじ) 2.5g

・ ナツメグ (肉豆蔲 にくずく) 2.5g

・ シナモン (肉桂 にっけ)2.5g

合計  45g 

(1回使用量9g---カレー4皿分)

まとめ

家庭料理の代表であるカレーも薬膳の一つです。

身体に元気を与えてくれる生薬がいっぱい含まれているので、夏バテ気味にも良いでしょう。ちょい足しをしなくても、十分に美味しいです。

明日から薬膳料理としてカレーを食べてみてはいかがでしょうか??

興味があれば、自家製のガラムマサラで、ちょい足しをして本格的なカレーに挑戦しても面白いかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA