ビタミンDで、自己免疫疾患のリスクが低下?? 上手に、取り入れて病気を予防しよう!

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

ビタミンDの摂取で、自己免疫疾患を予防する!?

海外で、そんな報告がされています。

これは、アメリカの研究で明らかにされました。今回の研究では、ビタミンDと海産動物由来であるオメガ3脂肪酸、本当に自己免疫疾患のリスクを低下させるのかを実験しました。

調査には、ビタミンDを摂取するグループ・偽薬(プラセボ)を摂取するグループ・オメガ3脂肪酸を摂取するグループに無作為に分けて行われます。

そして、その調査期間は、なんと5年間!!なかなか長期にわたって行われてきました。

この5年間の間、調査参加者は新らしく自己免疫疾患を発症した場合は、すべて報告し記録されます。

その結果は、なんと・・・。

5年間のビタミンD摂取で、自己免疫疾患は22%の減少!!

また、オメガ3脂肪酸においても15%の減少という事が判明致しました。

サムネイル画像

そもそも、自己免疫疾患って、何?

人は、誰しもが免疫機構があります。その免疫が、自分自身を攻撃してしまう事を言います。

代表的な自己免疫疾患には、リウマチ・全身性エリテマトーデス・バセドウ病・橋本病・多発性硬化症・溶血性貧血などがあります。

いまだに、そのような以上が起こる原因は不明ですが、遺伝・感染症・薬剤など多くの原因があるとされます。

原因が分からないなら、どうしたらいいの??そう思う方は、予防としてビタミンDあるいは、オメガ3脂肪酸を摂取すると良いでしょう。

今回の研究で、ビタミンDとオメガ3脂肪酸は、副作用が少なく栄養補助食品として重要であるとしています。

ただし、注意点も必要です。

ビタミンの中でも、ビタミンDは脂溶性であり身体に蓄積する可能性があるので、以下のような症状の場合は、一時中止も考えましょう。

下痢・嘔吐・食欲不振・高カルシウム血症(腹痛・筋肉痛・動悸・不安など)

オメガ3脂肪酸も同様で、下痢・吐き気・出血傾向があれば、取り過ぎかもしれません。

おすすめの食材は、サンマ・サバなどの青魚!!

ビタミンDもオメガ3脂肪酸も両方含まれているので、小まめに摂取する良いでしょう。

魚が苦手・・・。調整するのが面倒・・・。

そんな方はサプリメントなども考慮にいれましょう。

まとめ

普段からバランスの取れた食事を取れていない方は、簡単に取り入れられる一つの手段です。

ビタミンD・オメガ3脂肪酸を取り入れて、健康増進をしてみては、いかかがでしょうか??

とはいっても、日頃の健康は、睡眠・食事・運動が一番です。

上手く出来ない時は、サプリメントも上手に使って行くと良いでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

参考文献:BMJ誌2022年1月26日号

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA