逆子には、お灸が効く!!逆子になるのは、冷えが原因?試してみる価値があるツボ。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

漢方薬で、不妊治療した後に、無事に懐妊した患者さんで、逆子の相談を受けました。

そこで、逆子について一度話しておきたいと思います。

そもそも、逆子ってなんでなるの??

原因は、2つあると言われます。それは、冷えストレスと言います。

妊娠しているときには、お腹が冷えないようにするのは、勿論ですが、足が冷えないことが重要になっていきます。

足が冷えていると、心臓からの暖かい血液が下肢で冷えてしまいます、それが、静脈を通り子宮やお腹を冷やす事が一つの原因です。

そして、厄介なのがストレスです。ストレスは、現代社会では付きものため、なるべく排除するのがベストな選択でしょう。

妊娠時は、不安になる事も多いので周りの助けが必要となります。

その他になりやすい理由は、赤ちゃんが小さいと胎盤で回りやすかったり、羊水が多いなどがあります。これは、自然と治る可能性があります。

逆子になったら、至陰と三陰交というツボを使え!!

至陰(足の小指の爪の外側の生え際にあるツボ)

逆子の灸の代表的なツボ。足の冷えに効果がある代表的なツボです。冷えを取ることで、お腹の張りが緩み、逆子を改善させます。

三陰交(内側のくるぶしから、指の横幅4本分上の骨の後ろにあるツボ)

安産のツボとして、有名であり、三つの陰の経絡が交わる所とされます。そのため、ここのツボを刺激すると血行が良くなります。上記と同じく、張りの改善に役立ちます。

しかし、注意点があります。

妊娠28週から36週目が、可能性があります。できれば、早い段階ほど効果が高いと言われています。

また、鍼灸院へ相談すると良いと思います。気軽に相談に乗ってくれるでしょう。

お灸って、熱いんじゃない?不安だ。そんな方へ。

セルフケアで出来るものもあります。

本格的にやりたい方にも、3種類を上げてみました。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA