猫は腎臓の機能が落ちやすい!?諦める前に、試すべき漢方薬とその症例。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

今回は、猫ちゃんの腎臓病に対しての漢方薬の症例を話をしおたいと思います。

どんな漢方薬がおすすめ??

そもそも、猫が犬よりも腎機能の低下をするのかは、まだ分かっていないようです。ただ、これに対して東洋医学である漢方薬では予防法はあると考えます。

基本的に、高齢になると腎機能の低下が始まり、慢性の腎不全になります。人間でもそうですが、加齢による機能の低下は動物では当たり前です。しかし、大事なペットが苦しむのは見たくないと思います。

そんな時に、ひとつの手段として東洋医学を試して頂くのがいいかと思います。

■加齢による腎機能の低下

これには、六味地黄丸、左帰丸、右帰丸などの補腎薬を中心に処方を考えていくのがベストだと思います。

補腎薬??耳慣れない言葉だと思います。これには、腎臓を補充する薬という意味だけでなく、老化防止を防ぐ作用があります。そのため、人の場合でも膀胱炎・腰痛・白髪・抜け毛・婦人病といった老化からでる病に使用する漢方薬です。

■腎機能の低下から貧血が現れる場合

そんな時には、先ほどの補腎薬に加えていくのが、補血薬です。

これには、四物湯・十全大補湯・八珍湯などがおすすめです。補血薬は、血液を作る力だけでなく、皮膚を潤す力もあり、固くなった腎臓にも作用していきます。

■尿の出が悪いなどの排尿障害がある場合

これには、水の代謝を良くする漢方薬である五苓散・猪苓湯・竜胆瀉肝湯などの薬も加えてみるといいです。

各々の体質に合わせて、漢方薬を選ぶのが良いでしょう。ですが、基本は補腎薬であるものをおすすめします。

補腎薬を使用した実例。

今回のこの子は、1ヶ月での反応が良かった例です。体質や体力によって、効果の早さは変わります。しかし、補腎薬というのは、腎機能の改善に試す価値は十分にあると思います。

他にも、違う例を見たい場合は、私たちのウェブサイトのペット漢方に記載をしております。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA