寒くなると増える溶連菌!! 子供だけでなく、大人もかかる感染症とは!?

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

11月から春にかけて増えるのが溶連菌です。お子さんをお持ちの方は、良く聞いたことがある感染症だと思います。しかし、子供の病気というだけでなく大人も発症する事があります。

これから寒くなる季節が流行となります。実際に、どんな病気なのか??流行前に、一度話しておきたいと思います。

溶連菌って、どんな病気!?

A群β型溶血性連鎖球菌と事を言います。これを、略して溶連菌と言います。

菌って言うことで、感染症の一つとなります。

感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫・タオルや食器などの接触感染となり、きちんと予防ができる感染症となります。

子供の場合は、10歳頃までに引き起こす事が多く、大人は少ない方です。

特徴としては、舌がイチゴのようにブツブツができる苺舌・高熱・発疹・のどの痛み・扁桃腺の腫れ・胃腸症状などが起きます。

多くは、抗生剤により早く完治する事が可能なために、問題はないです。

稀に、重症化すると糸球体腎炎・リウマチ熱を引き起こすので、注意が必要となります。

まずは、予防が大切。

コロナ禍でもあって、皆さんも予防対策はできているかと思います。引き続き、手洗い・消毒・マスク生活をしていけば、かかりにくいかと思います。

また、接触感染もあるので、人の手の触れるものは消毒・洗濯を心がけましょう!!

または、免疫力が低い人がかかりやすいので、高める活動をしましょう。

適度な運動・バランスの取れた食事・十分な睡眠など日常生活から改善する事も必要です。

特に、在宅で一日も部屋から出ないのも、良くはありません。

窓を開け気分転換をしたり、太陽の光を浴びることも大切です。季節の変わり目は、気圧も乱れて体力も落ちがちです。自律神経の乱れから体力の低下も防ぎましょう。

東洋医学での予防策はあるのか??

東洋医学の考えでは、『気』が重要となります。

『気』というと、なんだか急に怪しい話になってきたぞ・・・。大丈夫なの??

そう疑いが出る事もあるでしょう。

『気』というのは、色んな作用があります。皆さんの中で、一番分かりやすいのは元気という気かと思います。

元気があれば、何でもできる!!!

病も気から。など、多くの言葉がありますので、日常に意外と溶け込んでいるのが、『気』です。

この『気』の中でも、予防に必要なのが衛気という気です。つまり、防衛の気となります。

衛気を理解するのに、一番分かりやすいのは漫画やアニメです。

ドラゴンボールやHUNTER×HUNTERで、身体の周りにオーラが出ているを見たことは無いでしょうか??

もっと昔の作品では、北斗の拳なんかが分かりやすいかと思います。

サムネイル画像

つまり、身を守るオーラ=衛気だと考えてください。

これが、東洋医学においては存在します。そして、皆さんも一度は夢見た気(オーラ)を持っています。

知らず知らずのうちに、病気・病邪が身体へ侵攻してくるのを防いでくれているのです。

高齢者や虚弱の方が風邪を引きやすいのは、この衛気の低下が原因となります。

その衛気を高めるには、どうすればいいの??

予防と同じく生活の改善が大切です。ただ、それができない・・・。すでに、病気がある方もいるかと思います。

その場合は、体質改善が一番の近道かと思います。鍼灸治療・漢方薬がおすすめになります。

また、そこまで健康に問題ない方なら、ストレスだけに注意して下さい。

ヨガや太極拳なども良いでしょう。

漢方薬・鍼灸の場合は、体質に合わせての治療が一番ですが、衛気を高めるものも紹介しておきましょう!!

黄耆の入った漢方薬がおすすめ。

有名なところで言えば、補中益気湯でいいでしょう。

その他にも、黄耆建中湯・玉屏風散などもおすすめです。基本的に、補法という治療のため、健康食品の上位互換または医療バージョンだと思って貰えると分かりやすいかなと思います。

まとめ

まずは、普段の予防と生活改善が第一です。そこを、心がけましょう!!

その他に、もし取り入れるのであれば黄耆の入った漢方薬がおすすめです。

これからは、乾燥や気温が下がり、風邪も引きやすくなるので、身体を大切にしないといけない季節です。

コロナも緊急事態宣言やワクチンで減ってきていますが、感染の可能性がゼロになった訳ではありません。

気を抜かず、注意して生活をしていきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA