人参を食べて、ガン予防!? 人参が持つ抗酸化作用とは?? 毎日、食べて健康維持に!!

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

4月を過ぎると、新生活をスタートし始める方もいるかと思います。新しい事に取り組む前に、健康を害さないように、注意が必要ですね。

今回は、身近な食材で、身体を元気にしてくれる人参について話して行きましょう。

実は、人参は冬と春に旬がある野菜なので、春にも栄養が富んでいます。人参の栄養素といえば、βカロテンが特に多く、野菜界の中でも頭をグンと抜いています。

β-カロテンを多く摂取している人は、ガンになりにくいとも言います。その理由は、ガンを引き起こす活性酸素を除去するためです。

その他にも、人参にはコハク酸カリウムという成分が含まれます。この成分は、血圧を下げる役割があり、また食物繊維が悪玉コレステロールを除去します。

人参は、日々のストレスから発生する活性酸素を除去するだけでなく、生活習慣病にもおすすめ食材なのです。

サムネイル画像

東洋医学では、精力を高める!!

人参を好む方は、精力が強いと言われます。腎という生命エネルギーを改善し、活力を補います。冬は、腎を酷使する季節です。補うには、丁度良い野菜となります。

ちなみに、野菜の人参・生薬の人参は別物です。

野菜はセリ科・生薬はウコギ科であり、見た目はなんとなく似ていても違う植物なのです。

生薬の人参は、補気薬のエース的な存在です。この生薬なしでは、補気薬は語れないでしょう。

まとめ

どちらの人参も人体には、とても良いので、普段から取り入れると健康増進におすすめです。とはいえ、生薬の人参は、少し値段が張ります。

そのため、日常ではスーパーで売っている人参を食べる方が経済的かと思います。1年中、販売しており手に入り易いのも魅力の1つかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA