ジーンズにも、漢方薬が関係していた??藍染めから身体を守れるかもしれない??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

風邪の季節となると、コロナウイルスだけでなく、インフルエンザなど他のウイルスの感染しやすくなります。

そんな時に、よく板藍根を使用する事があります。

板藍根は、抗ウイルス作用があり、風邪対策として知られています。そんな板藍根は、藍染めにも使われいる植物の根です。

サムネイル画像

【藍染め屋は、風邪を引かない。】

こんな言葉があると言われます。これは、藍染めの際に、皮膚から有効成分を吸収している事から言われるようになりました。

また、藍染めで世界的に使われているのが、ジーンズですね。

炭鉱などで藍染めのジーンズが使用されるのは、丈夫なだけで無く抗菌・防虫効果があるからです。

その他にも、日本では武士が鎧の下につける下着・農民の野良着などにも藍染めが使われていました。

古来から切り傷・虫さされから身を守ったり、マムシなどに噛まれないように、予め近寄らないようにする工夫でした。

この原料である植物由来の生薬である板藍根が聞かないわけが無い!!そう思いませんか??

ちなみに、葉の部分も大青葉と呼ばれる生薬です。効果は、板藍根とほぼ同じとなります。

板藍根とは?? そもそも知らない・・・。

確かに、東洋医学が好きでないと、板藍根の存在は知らないかと思います。

板藍根は、清熱・涼血・解毒という作用があります。簡単に言えば、熱冷ましです。

風邪の予防や治療に用いられるのは、抗菌作用の幅が広く、多種類の細菌の増殖を抑えたり、多くのウイルスの働きを抑制します。

そのため、インフルエンザの増殖も抑制することが報告されています。

予防としては、うがい薬として使う事ができ、治療としては、服用して治す事が出来ます。

注意点は、日常的に服用しない事です。

熱や頭痛などの痛みもないのに、解熱鎮痛剤を服用する方はいないかと思います。それと同じです。

漢方薬も日常的に服用して良いものと飲む事が無いものがあります。

まとめ

漢方薬の原料は、身近にあるものが多いです。気になる方は、探してみるのも良いでしょう。

板藍根は、比較的使いやすい生薬です。

常備薬としておいておくと、もしもの時には役立つ漢方薬の一つでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA