なかなか、痩せることが出来ない方は、腸内環境が原因かもしれません。腸内を元気にして、ダイエットを成功させるには??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

薄着になる夏に向けて、ダイエットを心がけても痩せれなかった・・・。そんな方も多くいるかと思います。実は、一言に肥満だと言っても、実はいくつかの種類が存在しているのです。

肥満には、遺伝子によるものなど、肥満細胞の働きによるもの、腸内細菌によるものなどがあります。普通の肥満は、運動不足とカロリー過多により起こる事がほとんどです。普通の肥満は、運動不足とカロリー過多二より起こる事がほとんどです。

しかし、その多くの中には腸内細菌が原因により、複合的に起きているかもしれません。

本日は、腸内細菌に注目して話していきましょう。

腸内細菌と肥満との関係とは、何か??

人体の中で共生している細菌は、種類も数も多く存在しています。その中では、特定の細菌群が腸内にいる場合は、肥満になりにくくなるそうです。まるで、魔法のような細菌ではないでしょうか。

そんな菌がいるなら、早く知りたいと思いませんか? その痩せる菌とは、いったい何なんでしょうか?

それは、皆さんも一度は聞いたことがある菌でした。

乳酸菌やビフィズス菌です。

善玉菌として、有名な細菌ですね。最も身近にいる細菌でしょう。

どうして、乳酸菌やビフィズス菌に、そんな効果があるのか??

まず、その事を話す前に、それらの細菌について軽く話していきましょう。

乳酸菌やビフィズス菌は、母乳を栄養とする乳幼児期から腸内の消化を助けてくれます。腸内で、身体に必要な短鎖脂肪酸などの物質を人体に供給し、身体を成長されてくれます

あれ??それは、太るって意味じゃ無いの??嘘つきーーー。そんな風に思った方も頑張ってついてきてください。

ここからが重要です。

この菌の中には、身体の脂質代謝に影響を与えて、過度の脂肪を蓄積させないように働く菌が見つかっているというのです。

しかし、ストレス・食事により、この菌群に影響がでるため、、食事の内容や習慣がとても大切になってきます。

特に、膵臓からのインシュリン分泌に関与する菌群・ミトコンドリアでATPというエネルギーを作るのに関与する菌群は、代謝に関係してくるので肥満防止には重要となります。

意外と知らない注意すべき事。

それは、風邪の時に処方してもらう抗生物質です。これは、良いも悪い関係なく菌に働きます。そのため、良い菌が少なくなるのは、困りますよね?日頃から、健康を意識する事が、肥満防止には必要となります。

実は、こんな話があります。

家畜に抗生物質が含まれた飼料を与えると、大きく育ちやすいという話があります。これは、まさしく腸内環境が関係しています。善玉菌も殺してしまうので、肥満になりやすいのかもしれません。

そのため、抗生物質も風邪の時には助かりますが、あまり常用することは人体には良くないです。

食習慣とダイエットについて。

仕事を始めると、学生の時と違い食事が遅くなることも多くなっていると思います。夜遅くに、食事をすると太るという言葉はを良く聞きますね。

実際は、何故、太るのかを知らない人もいるでしょう。

一番は、寝ている時にはカロリー消費が少なくなるため、直近に摂取したエネルギーが過剰に蓄積するからといわれます。そのため、夕食は軽めにする事が1番かと思います。

また、胃腸に負担がかかると、水滞が生じるために東洋医学では目眩・浮腫なども引き越します。つまり、胃腸の調子が悪くなると、水分代謝も落ちると言うことです。この水の代謝が落ちると身体の中に余分な水分が多いと言うことです。そのため、体温も低下し易くなります。それがまたカロリー消費や免疫力も低下させ、負のスパイラルが始まる可能性があります。

体温が1度下がると免疫力が30%以上低下、代謝も約12%低下するといわれています。 例えば、基礎代謝が1200kcalの方の体温が1度下がると、一日の代謝が144kcal下がってしまいます。同じカロリーを摂取していれば、この分だけ脂肪に置き換えられてしまうのです。逆に言えば、体温が1度上がれば、痩せやすくもなります。

防風通聖散は、痩せ薬ではない!!

防風通聖散は、よくCMでもお腹がスッキリだとか、痩せるような広告をされています。しかし、防風通聖散は、身体を冷やす作用があり、あまり痩せる効果は期待できません。勿論、身体が大きく、美食家で食毒という状態であれば、ファーストチョイスの漢方薬です。

しかし、多くの方は代謝が落ちて、水太りが多い傾向にあります。このような場合には、防風通聖散よりも当帰芍薬散や温経湯の方が効果があります。また、便秘などの毒素をため込む方は腸内環境を整える方が良いでしょう。

酷い便秘症の方で、ウサギウンチ(コロコロ便)の方は腸内の水分状態も良くないでしょう。このような場合には、麻子仁丸・潤腸湯で腸内を綺麗に掃除していくことをオススメします。

まとめ

ダイエットは、体質改善と運動・食事の改善が大切となります。無理な食事制限は、免疫が低下する恐れがあります。痩せるために健康を考えみないのは本末転倒なので、そこだけは最低限の注意を払いましょう。

また、運動はちょっとしたくない・・・・。そんな方も少しでいいので始めていきましょう。筋肉を付ける事で代謝が上がるだけでなく、老後の骨などの強度を保ってくれます。

難しい方には、余分な水分を排泄する当帰芍薬散などを試して、少しでも体重を軽くすると良いでしょう。体重が減る事で意欲が沸くことは、多くあります。サボりがちな性格の方でも、視覚による確認で予防できるかもしれません。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA