てんかんは、子供だけじゃ無い!?高齢者・ペットでも起きる理由とは??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

てんかん持ちの方は、子供の時にもなっていた既往歴もある事かと思います。しかし、なった事がない人でも、加齢により起こる事が増えています。

2000年を越えたあたりから、子供より高齢者に多いと言われています。

では、てんかんという病気は、加齢とどう関係があるのでしょうか??

そもそも、てんかんとは何??

てんかんと聞くと、痙攣のイメージが多いかと思います。

しかし、てんかん発作には、以下のような症状が伴うこともあります。

光がチカチカ見える・手がピクピク動いたり、振るえなど無意識に起こる症状だったり、症状が強い方だと発作中の意識がなくなったり、1点を凝視して動作が止まったり、反応がないなどの症状が現れます。また、全身のけいれん発作が特徴的です。

サムネイル画像

てんかんは、何が原因??

脳の神経細胞の異常な反応が関わっています。

人の脳は、パソコン・スマホなどの機械と同じように、電気刺激により活動しています。そのため、強い電気刺激により異常な活動が起こります。この反応により起こる症状が繰り返す事をてんかんと言います。

どの年齢層でも発症しますが、特に小児と高齢者で発症率が高いと言われます。

また、原因不明なもの「特発性てんかん」・頭部外傷、脳卒中・脳腫瘍、アルツハイマー病など原因が分かるものを「症候性てんかん」に分けられます。

高齢者のてんかんは、特に症候性てんかんが多いです。加齢に伴う脳の異常・認知症などが原因の約1/2~約2/3と言われます。

そのため、高齢になると人もペットも関係なく、てんかん発作が起こりやすくなります。

また、扁桃腺の腫れによる扁桃肥大が原因にもなります。

サムネイル画像

ペット漢方の1例として。

病院のてんかん薬でも、症状が良くならないために来院。

話を聞いていると、高齢で体質的にも蓄膿症があり、夜も寝れない。呼吸もしずらそう。

そのせいか、食欲も落ちている。

東洋医学的には、てんかんは、肝風内動・心熱が強すぎる場合が多いです。

しかし、今回は扁桃や蓄膿により起きている可能性があると考え、そちらを中心に治療を選択しました。

その後、鼻の症状が落ち着くと共に、てんかんも改善している言われました。

もし、似たような場合は扁桃肥大が原因かもしれません。てんかん発作だから、その薬ではなく東洋医学のように全体療法で、症状を考えるのも一つの改善策だと思います。

サムネイル画像

まとめ

急な痙攣で、びっくりする事もあるてんかん発作ですが、きちんと対応することが大切です。

子供の場合は、熱性けいれんなど高熱が原因になることもあります。熱が身体に籠もると、脳が機械のようにショートして、異常な反応が出ているので、解熱剤やダイアップなどの座薬で対応する事もあるでしょう。

加齢の場合は、脳の誤作動や扁桃肥大などが原因になるので、念頭に入れて対応していきましょう。誰にでも起こりえます。そのため、心当たりがある方は予防・治療をしていきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA