⑤ 【血の異常について】 東洋医学って、少し興味あるけど、難しそう・・・。分かりやすく解説。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

今回は、血の異常により何が起こるのかを話していきます。

血が不足することで起こるのが血虚証。血の停滞で起こるのが、瘀血証。

ここまでは、気の時と似ています。しかし、血はこれだけじゃ終わりません。

血に熱の症状が加わった血熱証。それとは逆に、寒の症状が加わった血寒証があります。

また血虚証のうち、滋潤作用の低下を血燥証があります。

なかなかボリュームがありますが、細かく説明しますのでついてきてください。

血の異常が起こす症状。

【血虚証】

血の不足により、現れる症状。顔色が悪い・めまい・不眠・出血などが原因になる。

①営養作用の低下

血色が悪い・疲れやすい・めまい・手足のしびれ・唇や爪がうすい・月経が遅れる・または早い・月経量が少ないなど、重度では無月経・不妊・流産しやすい。

②滋潤作用の低下 【血燥証】

皮膚がカサカサ・かゆみ・口渇あるが飲めない・コロコロ便・フケが多い・ダツも・ツヤが無い。

③神志の営養不能

不眠・眠りが浅い・多夢・不安感。

【瘀血証】

血の流れが停滞したことにより起こる症状。特徴としては、刺されるような鋭い痛みがあり、または絞られるような痛みがある。顔色や皮膚が黒ずみ・口唇が暗紫色となる。青あざも出来やすく・鮫肌っぽくなる。

月経・・・月経前・初期に痛みがあり、周期が遅れ気味、塊をともなうなど症状。

【血熱証】

血に熱の症状が加わる症状。

発疹ができやすい、月経は早まる。粘り気が出る。出血しやすい。ニキビや吹き出物は、化膿しやすく赤い。

【血寒証】

血に寒さが入り込んだ症状。

激しい痛みが出る。按摩が嫌い。温めると減痛。凝滞する性質があるので固定痛を引き起こす。

以上、参考になれば、幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA