鍼って、どんな効果があるのか?? 鍼灸の効果を再確認して、治療の選択肢を広げよう!!

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

鍼って、何に効果があるの??

そのような疑問を抱いている方が多いかと思います。今回は、そのような疑問を感じている方に鍼灸の効果について話していこうと思います。

サムネイル画像

身体のホメオスタシスを正常化する働きがある!!

ホメオスタシス・・・。別名で恒常性とも呼ばれます。これは、動物や人が身体の機能を正常に保つ働きの事を指します。

例えば、暑くて身体の中に熱が籠もっていれば、発汗・排尿・排便などで身体の熱を外に出そうしたり、水分補給をしようと促す事などです。

その他にも状態により、人や動物は、このホメオスタシスにより絶えず、正常に保っています。

この機能が上手く働かないと、色々な病気として身体に現れていきます。

鍼灸には、このホメオスタシスを整える作用があると言うのです!!

これは、日本でも研究されています。その中でも、身体の深い体温(深部体温)・血圧に対して研究では、面白い結果が見られています。

人により、深部体温も血圧も、低い人も高い人もいます。鍼灸治療を行う事で、これが正常化(ホメオスタシスを活性化)させる結果が見られるのです。

血圧が低ければ昇圧させ、逆に血圧が高ければ低くさせる結果となりました、これが、深部体温でも同様の結果が得られたのです。

それでは、元々、両方とも正常な方はどうなると思いますか??

答えは、特に変わりなし!!

元々、正常のため変化見られないというのです。つまり、鍼灸はほぼリスクなく体調を整える手段とも言えます。

ストレスを緩和する効果あり!!

日本でも海外でも、色々な研究がされている中で、以下のような動物実験があります。

ラットや犬に絶えずストレスを与えると、交感神経が興奮し、副交感神経が抑制される結果が見られます。

これにより、胃の運動が低下し、大腸の運動が増加したりします。

この際に、鍼で足三里を刺激すると、胃の運動は活発化し、亢進していた大腸は正常化するというのです。つまり、副交感神経が正常化し、興奮した交感神経が静まる結果が見られるのです。

これは、人に置き換えても同じ事が言えます。

絶えず、私たちは色々なストレスを受けています。そのため、多くの方は交感神経が興奮状態となります。

それにより、不眠・胃腸障害・高血圧など様々な病態となり、身体に失調をきたします。

もしかしたら、気が付かないだけで自律神経が乱れているかもしれませんね。

サムネイル画像

鍼灸以外で、自律神経を整えるには??

鍼灸は、少し怖い・・・。

このように考えるのは、多いでしょう。そのため、日常から改善に役立つ方法も紹介しましょう。

・ 早寝早起き

・ 散歩などの適度な運動

・ サウナやヨガ

・ 音楽、読書、映画などでリラックスや感動したりする

どれも、やろうと思えば出来るかと思います。

これが、中々出来ない!!無理だ!!

このように思った方は、要注意です。もう、あなたの自律神経は乱れている!!かもしれません。

まとめ

化学的のも鍼灸が効果がハッキリ出ているので、迷っているなら一度試してみると良いでしょう。

注射器と違い、鍼灸で使う鍼は、想像よりも痛みがない事は体験してみることが一番です。

また、鍼灸以外でも身体を整える方法は、多くあります。自分に合う方法で健康になってもらえたら嬉しく思います。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA