胃に住み着いているピロリ菌が胃癌を起こす!? その確率は、なんと・・・。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

今回は、ピロリ菌についてです。意外と知らない人もいるかと思いますが、この菌は、昔から存在し、胃の不調を引き起こす原因となっています。

そこで、この菌を知ることで、将来起こりえる病気を未然に防ぐために話していきたいと思います。

そもそも、ピロリって何!?

ヘリコバクター・ピロリという名前がつけられ、通称ピロリ菌と呼ばれます。今では、聞いたことがあるでしょうが、この菌は結構最近まで知られていなかったのです。

発見した学者バリー・マーシャル博士は、【それまで信じられていた胃酸という強酸の中で生き抜く菌なんているはずが無い!!】と言う概念をぶっ壊しました。

バリー博士の仮説では、胃酸の中でも生存するピロリ菌の存在し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍と関りがあるというものでした。

しかし、この概念は当時では当たり前だったので、覆すことは並大抵のことではありません。

そこで、この概念を壊すために、バリー博士がしたことは人体実験でした。マッドサイエンティストも驚愕です。

1984年に、バリー博士は自分の考えを通すために、ピロリ菌を自ら飲み、胃炎を発症させるのです。

この行動により、後にノーベル賞を獲得しています。

サムネイル画像

どうやって強酸の中で生きている??

ピロリ菌は、酵素により尿素を分解してアンモニアを作り出す事で、胃酸を中和させて生きています。

そして、ピロリ菌は、大工のように胃の粘膜に対して、針のようなものを刺し住まいを作り始めます。この針のような物は、Cag(キャグ)Aというタンパク質というもので、病気を引き起こす原因となります。

簡単に、イメージしてみましょう!!

一寸法師が鬼を退治するのと同じです。胃の中で、ブスブスと針を突き刺されては溜まりませんよね!?

この針が刺さることで、身体は異常に気が付きます。そして、ピロリ菌を退治しようと、免疫細胞の白血球達を集めます。

そこからは、ピロリ菌と白血球達に戦いにより、炎症(胃炎)が起きてしまうのです。

その結果、胃の粘膜(上皮細胞)が弱まり、剥がれ落ちると胃潰瘍などを引き起こしてしまいます。

サムネイル画像

ピロリ菌と胃癌の関係は!?

胃癌を発病している人のピロリ菌保有率は、驚愕の99%というデータがあると言うことです。

ほぼ100%です。でも、必ずしも、ピロリが原因ではないという事です。ストレス・食事・喫煙なども原因となり得るからです。

ただ、ピロリ菌を除去している方が、胃の健康には良く、胃癌予防にはなりそうなのは分かります。

ピロリ菌を除去するには!?

病院の薬で、除去できます。

ただ、行かなくてもピロリ菌を除菌できる食べ物があるのです。

一番に有名なのが、ヨーグルト!!!

特に、スーパーで見るLG21ヨーグルトなどです。また、ヨーグルト以外の食べ物もあります。

森永のココアの製品にも、ピロリ菌を減らす商品があります。ココアの脂肪分による物だそうです。

また、日本人には身近な食べ物である梅肉です。他にも、ピロリ菌を減らすガムなどもあるそうです。

まとめ

今回は、身近な菌であるピロリ菌についてでした。今は、病院に行かなくても食べ物で予防も出来る物があります。日頃から胃炎がある方は取り入れてみるのも、面白いかと思います。

もちろん、漢方も効果がある物はあります。興味ある方は、是非とも相談をお待ちしております。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA