秋は、古傷が痛みやすい!? 季節の変わり目に、痛みや疼きが起こる原因とは??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

だいぶ涼しくなりました。そんな時に、意外と多いのが、急な痛みです。よく考えてみると、元々持っている腰痛や関節痛みが、ぶり返してはいませんか?

サムネイル画像

実は、交感神経が原因だった!?

交感神経とは、日常生活においては活動している時・日中時に興奮・活発化し作用しています。

しかし、これが異常に興奮することで、古傷が痛むことがあります。古傷は、表面上治っていても、その皮膚の下が完全に修復されていなかったり、血液循環・筋肉の動きが悪くなる事で痛みを引き起こします。

交感神経が興奮すると、身体の中ではアドレナリン・ノルアドレナリンが分泌されます。そうすると、血管や筋肉を収縮させるように働きます。すると、神経を圧迫するために痛みが出ると言われます。

交感神経が過度に働く原因とは!?

様々な原因がありますが、急に疼いたり、痛みが出る場合は、天気による気圧変動や過度のストレスによる事があります。

低気圧がくると、身体の耳(内耳)の気圧センサーが反応します。そうすると、気圧に対抗するために交感神経を高めるために、身体に影響が出てきます。

また、ストレスに対抗する際にも同じ事が起きます。

サムネイル画像

対処法はあるの!?

原因に応じた対処が望ましいです。ストレス社会で生活する世の中では、それを排除することは難しい。

そのため、一番は自分の好きなことをしましょう。つまり、リラックスが一番と言うことです。

また、血行をよくする事も改善に役立ちます。

入浴剤をいれて、お風呂にゆっくり浸かるのも良いかと思います。適度なマッサージもおすすめです。

もし、過度のマッサージや悪化して熱感あったら!?

RICE処置をしましょう。

ラ・・・ライス!? お米!? 聞いたこと無い人は、ご飯を想像するかもしれません。

以下の頭文字を繋げた処置法です。

■ rest(安静)

これ以上、悪化されないように動かさないようにします。

■ icing(冷却)

患部の痙攣・炎症・痛み・腫れを冷やす事で抑えます。

■ compression(圧迫)

適度に圧迫することで、これ以上の腫れを抑えて、痛みを軽くします。

■ elevation(挙上)

心臓よりも高くすることで、うっ血や内出血を抑えます。

この処置は、炎症がある際や救急性の高い場合に行いましょう。捻挫や打撲などが良い例えです。

サムネイル画像

まとめ

今回は、秋に起こる古傷の疼きでした。今まで生きてきて、一度も怪我をした事が無いという人は少ないでしょう。

基本的には、ストレスを溜めない・温めて血流を良くするなどで対応できるかと思います。

稀に、炎症が起きるほど腫れる場合もあります。その際は、RICE処置を頭に入れておくと、悪化も防げるかもしれません。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA