痛風対策には、コーヒー牛乳が効く!! 痛風が起こる原因・食事から予防をしよう。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

風が吹くだけで、痛むと言われる痛風という病気。実際、発症した人しか分からない痛みですね。

この痛みは、大の大人でも、叫びたくなるほどの痛みと言われます。

似た痛みを知りたい方は、割れたガラスの上で、何回も地団駄を踏んでください。

冗談です。

ですが、それくらい痛いという事です。

痛風の特徴としては、男性に多いと言われますが、閉経後の女性も発症し易くなります。女性ホルモンが、尿酸の生成・排出に関係しているからです。

そのため、女性だから大丈夫と思わないでください。気がつかないうちに、忍び寄っているかもしれません。

痛風とは、高尿酸血症から尿酸が結晶化したために起こります。

あれあれ!?急に、専門用語が出てきたぞ。難しい・・・。きちんと、説明しますので、頑張ってついてきてください。

痛風が起こる原因

まず、痛風になる前には、身体の血液中に尿酸という物質が多くなっているという事です。この尿酸が、鋭利なガラスの破片のように、固まることで痛み・腫れ・発赤などが起こります。

特に、下肢多く、関節部位に出る事が特徴です。多くは、足の親指の付け根ですが、膝・足関節なども起こります。

先ほど、ガラスの破片の上で、地団駄するという例えを出したのは、このためです。

足の中に、ガラスの破片が入ってたら、体重をかける度に細胞が傷がつきます。

それだけでなく、異物として自分の免疫細胞も攻撃しているので、寝ていて安静にしていても、ズキンッズキンと痛みます。

話を戻しますが、尿酸が血中に多くなることが原因となります。この尿酸が高いという事は、身体が酸性に傾いています。この尿酸は実は、かなり厄介者です。

尿酸が高い事が続くと、動脈硬化・糖尿病・高血圧などを引き起こします。そして、腎不全をも起こすことあるという事です。

私は、高尿酸血症と言われたし、痛風も起こした・・・・。もう、駄目だぁーーー。

安心してください。今から、気をつけていけば大丈夫です。

むしろ、痛風発作を起こした事で、自分の身体がSOSを出してくれたと思ってください。

尿酸対策には、コーヒー牛乳!!

何故、コーヒー牛乳を説明する前に、尿酸について話しましょう。

尿酸とは、プリン体の代謝物です。

名前は、デザートみたいで可愛いですね。このプリン体とは、誰しもが持っている遺伝子の構成成分です。

そのため、皆さんの身体の中にもあります。新陳代謝を繰り返すことで、作られています。

食事や飲み物で摂取よりも、自分自身で作ることが多いと言われます。

勿論、食事を気にすることは大切ですが、自分自身で作り出したり、それを排出することが大切になります。

そこで、コーヒー牛乳が出てきます。

コーヒー自体が、アメリカの研究で『コーヒーを多く飲む人ほど、痛風の発症リスクが低い』という結果が出ています。個人的には、利尿作用があるので、排出に関係があるのではないかと思います。

コーヒーが苦手な方は、水分を多く摂取して、排泄を促しましょう。

また、牛乳やヨーグルトなどの乳製品には、尿酸の排泄を促す作用があります。

そのため、コーヒー牛乳がおすすめです。

ですが、一つ注意点があります。

ジュースや糖分が多いと、尿酸が作られやすくなります。そのため、無糖に限ります。

余談ですが、ビールだけを止めれば良いと思っている方もいます。確かに、ビールにはプリン体が多く含まれています。

しかし、ビールだけが悪いだけではなく、アルコールの過剰の摂取が悪いのです。

アルコールは、尿酸を作り出すのを早め、排泄の低下を促します。そうすると、身体の中に溜まってしまうのです。

これが、貯金箱なら子供は大喜びですね。しかし、身体はそうはいきませんね。

まとめ

何もかも、食べては駄目だと息が詰まります。適度に、長続きするように食事やお酒を付き合うことをおすすめします。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA