疲れが易い!!疲れが取れない!!自律神経失調症の可能性・・・・。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

最近というよりも、年中、疲れが取れない。または、疲れている方が多くなっている気がします。

それって、自律神経失調症だ!!って思う人は、どれくらいいるでしょうか?そもそも、名前は知っているけど、それって何!?

そんな方は、必見です。

そもそも、自律神経って、なんぞや??

自律神経とは、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするものです。意思とは関係なく、24時間働き続けています。

昼間など活動しているときに活発になるのが「交感神経」。

夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」。

この2種類があります。

意思と関係なく、働き続けるなんて、それは乱れもするって、そう思いませんか??そう思う方は、整えてあげてください。そうすれば、予防や治療に効果があります。

自律神経を整えよう!!

多くの方が、自律神経のバランスを崩している事があります。それは、無意識で進んでいるからです。

この社会では、ストレスに晒されることも多くなり、またスマホやパソコンの普及により、交感神経が強く作用しているかと思います。そのため、身体が興奮状態でいる事が増えるために様々な症状が出てきます。

不眠症や下痢症・倦怠感など症状は様々です。その理由は、自律神経は多く役割を持っているからです。そのため、自律神経失調症といっても一人一人の症状は変わってきます。

それでは、どのように整えるかが問題です。

答えは、簡単です。睡眠・食事・仕事・休息・ストレスなどの日々の生活を見直す事が一番です。

おいおい!?そんな事は、分かってるよ!見直す事って言われても、仕事が忙しくて、食事も不規則だし、寝るのも遅くなるから無理だよ。そういう方もいるかと思います。

日々の生活から、少しずつ改善しよう!

自律神経を整えるのは、生活スタイルを見直す事が一番なのですが、難しい方もいるかと思います。

①日光を浴びよう。

②通勤は、歩きや階段を使用する。

③長湯でなくてもいいので、お風呂につかろう。

以上の3点を少しでも取り入れてみてください。その他にも、趣味で、ヨガやスポーツ・サウナなど時間が取れる方はおすすめです。

副交感神経への切り替え易くすると、だいぶ改善されるかと思います。

それでも、私には無理無理!!他の方法を教えてという場合は、東洋医学の出番となります。

東洋医学で、自利神経を整えよう。脱・自律神経失調症。

時間がない方に、おすすめなのが、漢方薬です。

どんな漢方薬を使用するかというと柴胡剤がおすすめ。

この柴胡という生薬が重要になります。

柴胡

セリ科 ミシマ柴胡が最高級品。

根の部分が、生薬として使われています。

【薬効】

疏肝解鬱の薬として有名。

柴胡剤と言えば、疏肝解鬱。では、その疏肝解鬱とは、なんでしょうか?

気を巡らし、精神安定を促す作用の事を言います。ストレス社会には、必要となる生薬でしょう。

また、ストレスだけで無く虚弱であれば、黄耆・人参も加味されたものがおすすめです。

中でも、補中益気湯が一番使いやすい漢方薬です。この中にも、柴胡が含まれています。

また、漢方薬だけで無く鍼灸治療もおすすめです。鍼灸には、副交感神経を優位にさせる作用もあり、乱れた自律神経にはもってこいでしょう。

注意点もあります。人によっては、使う漢方薬や鍼灸治療の方法が異なるという点です。専門家に相談した上で、試してください。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA