気が付いたら、髪が傷んでた・・・。加齢だけじゃない!?髪質の悪化の原因は??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

男性も女性も、髪の毛で悩んでいる方は多いかと思います。男性の場合は、特に抜け毛や生え際などの気にする方も多いです。それでも、少しでもケアをする事は良いことだと思います。

女性においては、艶や質感など細かい所まで、気になる事でしょう。

そのため、今回は髪の毛について、東洋医学的なアプローチを話したいと思います。

ツヤツヤの髪を取り戻そう!!

このブログを見ていると言うことは、少しでも悩みを抱えている方も多いかと思います。

これをきっかけに、子供の時のような髪を取り戻していきましょう。

まず、前提として、髪も皮膚のケアは、どうしていますか?

大概の方は、ローションやクリームなどでケアをしているかと思います。

でも、それって少し変だなと思いません??どちらも、身体の外側でなく、内側で作られます。よって、体内環境を見つめ直す事が大事なんです。


髪は、頭皮から竹の子のように伸びていきます。ちなみに、髪の毛は永遠に伸び続けるのではなく、数メートルが限界であとは抜けるそうです。皮膚はアカとして落ちますね。

では、皆さんが毎日しているシャンプー・リンス、化粧水などは、なんのためにあるのでしょう。

それは、すでに出来てしまった髪の毛や皮膚のアフターケアしているのです。

先ほどもお伝えしましたが、根本的改善は、作る側、つまり身体の中にあります。ですから、外側ばかりケアするのでなく、内側をケアすることが、本当の意味での治療になります。

この考えに、なるほどと思った方は、こう思うのではないでしょうか?

それなら、これから私は何をすればいいの?教えてよ!

すぐにでも、お伝えしたいのですが・・・。先に、東洋医学的な考えを、少しでも頭に入れて欲しい。

少しでも、これを理解することで、理解度が変わります。


ツヤツヤの髪を身体の芯から手にいれるには、どうすればいいのでしょうか?

漢方では、「髪は血の余り」と捉えています。
この血とは、現代医学の血液とほぼ同じですが、漢方では量ばかりでなく、潤いを与える働きがあるとしています。 

身体(五臓六腑)が活動するのに必要な血を消費した後の残りが、髪に栄養と潤いを与えるとみなしています。

ですから、この血の量と質を、改善し維持することがツヤのある髪を手に入れる秘訣です。

現代医学でいえば、女性ホルモンのバランスもこの血に関係しています。


例えば、妊娠中・産後に多い・月経中は、髪のツヤは消失しやすい!!


女性は、月経や出産など、常にこの血と深い関わりがあります。
実際、妊娠中と出産後は血の量と質の低下を招きます。
その結果、髪にツヤが失われる方が多いのです。

こうした血の量と質の低下は、漢方薬で急速に回復することができます。そして、漢方薬の最大の利点は、母子ともに副作用がないことです。

授乳中のお母さんは、美容室で髪の栄養液をつけたいが、頭皮から化学物質を吸収してしまうため、乳児に悪影響があるといけません。

自然の生薬をつかった漢方薬を服用すれば、髪のツヤはもちろん、お産で失われた体力も回復します。もちろん、お子さんに影響はありません。

血を補う漢方薬や潤いを保つ漢方薬の一例

四物湯系や六味地黄丸系が基礎となるでしょう。これは、性別関係はないのですが、女性の場合は、体質的には瘀血というものがあるので、女性ホルモンを整えるような当帰芍薬散や桂枝茯苓丸なども考慮に入れる必要があるかと思います。

まだ、漢方に頼る感じじゃない!でも、予防はしていきたい!そんな方へ。

やはり、有名な【昆布】を使いましょう

黒髪を保つヨードがいっぱい含まれています。

でも、それだと髪を染めてたら意味がないの?そう思う方もいるでしょう。ヨード自体が良い働きをします。

ヨードは血管に活力を与えので毛細血管を刺激します。そのおかげで、髪の根っこまで十分な栄養を行き渡らせる効果があると言われます。また、昆布のヌメリにはコンドロイチンが含まれ、ツヤと張りを与えてくれます。

日本の食事は、昆布をおいしく食べる料理が様々ありますので、取り入れてみるのをおすすめします。

また、血圧や動脈硬化などの予防にも日頃から摂取するといいと言われます。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

艶黒美人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA