林先生による漢方の症例(白僵蚕 編)

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

本日は、台湾の獣医師である林先生による生薬についてあげたいと思います。

林先生は台湾だけでなく、日本の獣医師資格を持つ優秀な方です。

そんな先生が白僵蚕つまりカイコですね。その使い方について話してくれました。

林先生の漢方講座。

臨床で白僵蚕の使い方


白僵蚕(ビャッキョウサン)は、カイコが病気にかかり死んだ状態のまま腐敗せずに硬直し、白い粉で覆われたようになったものです。中国では古くからこの白僵蚕を生薬として用いてきました。

『神農本草経』の中品に収載され、「味は鹹。小児の驚癇、夜啼を治し、三虫を去り、黒黯を減らし、顔色をよくする。男子の陰瘍病によい」と記されています。


漢方的には解表、止痙、化痰の効能があり、鎮痙,鎮痛薬として,小児痙攣,扁桃炎,頭痛,歯痛のほか,中風による言語障害,半身不髄などに内服します。

外用としては,湿疹,潰瘍などの皮膚病の瘢痕を消すのに用います。

ここからは林先生の体験談です。


個人的な経験から、犬と猫の「内風」に対して、白僵蚕はよく効きます。

疾病が進展する過程で、陽亢や陰虚により六淫の風邪に似た症状が現れるものを内風といいます。めまい・動揺感・震え・しびれ・痙攣・強ばりなどが現れる時は白僵蚕を使います。

例えば、特発性前庭疾患、顔面神経麻痺とてんかんなど。症状により対処療法を行って、白僵蚕と他の漢方薬を飲んで、風邪を除くことが期待できると思います。


特発性前庭疾患とは、平衡感覚を司る前庭神経に異常が発生し、斜頸や眼振など前庭神経障害の症状が起こる病気の中で、原因が特定できないものを言います。

高齢になった犬で、急に頭が傾き(斜頸)、黒目が横に流れたり(水平眼振)、回転したり(回転性眼振)します。同じ方向にグルグルと歩き回ったり(旋回運動)、立ち上がれず横になって転んだまま一方向に回転したりします。

よく使う漢方薬は「半夏白朮天麻湯」と「白僵蚕」です。


顔面神経麻痺では、顔の筋肉を動かすことができなくなるので、まばたきができない、唇が垂れさがるなどの症状が現れます。片側のみ起こることも多くて、さまざまな原因で発症します。その中でも、検査上で原因が特定されない特発性に分類されるものが、犬ではよくみられます。

特発性顔面神経麻痺では、突然症状が現れ、炎症を伴います。よく使う漢方薬は「補陽還五湯」と「白僵蚕」です。

てんかんとは、脳に異常な電気信号の伝達が起き、それによりてんかん発作が繰り返される脳の病気です。てんかん発作は、脳の神経ニューロンの電気信号が過剰になり、乱れが起きることで出る一時的な発作のことをいいます。てんかんは、大きく特発性と症候性に分けられます。また、症候性が疑われても検査などで原因が特定できない「おそらく症候性」のてんかんもあります。

よく使う漢方薬は「天麻鈎藤飲」と「白僵蚕」です。


参考文献:漢方薬・生薬大辞典内生の五邪概念と分類 特発性前庭疾患 顔面神経麻痺 てんかん

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA