春は、自律神経が乱れやすい!!上手く寝れない原因とは??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

寒暖差・気圧により、自律神経が乱れやすい季節でもあります。

そんな時に、人によっては寝れない・寝れても途中で起きてから眠れない・・・。

そんな症状が出ているかと思います。

東洋医学から不眠の原因には何があるのか?考えていきましょう。

サムネイル画像

この時期の不眠は、肝胆が関与している可能性大。

春は、肝胆に影響を及ぼす季節です。

そのため、この時期に不眠などの症状が出る方は、肝胆が弱い方かもしれません。このような方は、ストレスに弱い傾向があるので、感情が乱れやすい特徴もあります。

■ 胆気虚の不眠

胆力が低下したような症状が起こります。特徴は、恐ろしくて一人で眠れない・寝ていても驚きやすい・ビクビクする・めまい・頭のふらつき・よくため息など

治療法としては、驚きや恐怖により胆気が消耗し、決断力が低下するため、恐怖感で不眠となります。

そのため、温胆益気・安神が必要です。

【おすすめの漢方薬】

温胆湯

■ 肝胆鬱熱の不眠 

特徴としては、眠りが浅い・多夢・良く目が覚める・イライラ・怒りっぽい・胸脇部が張っていたい・ため息がおおい・口が苦い・目の充血・尿が濃くて少ないなど

治療法としては、原因である悩み・怒りで、肝の疏泄作用が不調となる事です。これが長期化すると熱を帯びたり、酒や食事から湿熱が生じて起きます。

そのため、清熱瀉火・安神が必要です。

【おすすめの漢方薬】

加味逍遥散 または 龍(竜)胆瀉肝湯

特に、イライラがより強い場合は、龍胆瀉肝湯の方が湿熱をとり、おすすめです。

ここが、ポイントです!!春の不眠は、虚証と実証に分かれます!!

胆気虚は、虚証・肝胆鬱熱は、実証のため、症状も治療方法も異なるので、注意が必要になります。

ビクビクの不眠なのか?モヤモヤ・イライラの不眠か?が見分けるポイントなのです。

虚証は、元気が乏しいので、基本的に弱気になったり、虚弱体質ぎみです。もしろ、イライラする力も落ちている事があります。

その逆が、身体がカッカしている実証です。身体に元気が有り余るので、攻撃的になりがちです。

まとめ

春の不眠に悩む方は、自分がどちらのタイプかを見極める事が大切です。

自分のタイプが、どちらでもない場合は、また違う心陰虚・心腎不交など他が原因かもしれません。

今回は、春に注目した不眠のために、2タイプの紹介でした。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA