意外と知らない世界。日本人はびっくり??大晦日・正月の過ごし方とは。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

もうすぐ今年も終えると言うことで、忙しい方もいるかと思います。

日本では、正月は親戚に挨拶をしたり、お雑煮・たこあげ・初詣など色々な風習があります。中でも、子供達が大好きなのは、お年玉でしょう。

そんな日本の正月ですが、他の国はどのように過ごしているのか??少し気になりはしませんか??

今回は、あまり勉強というよりは、他の国では、どのように大晦日や正月を迎えるのか?

少し触れていきたいと思います。

世界の年末の過ごし方3選。

■ デンマーク

デンマークは、スウェーデンやドイツ・ノルウェーに接する国となります。首都は、コペンハーゲンといいます。

聞いた事があるのではないでしょうか?

そんな欧州の大晦日や正月は、どんなものがあるのでしょうか??

それは、玄関先に、古いお皿を投げまくるという一風変わったものがあるそうです。友達や親戚のドア先に、投げて皿を割っていくのです。そのため、人と関わりが多い人ほど、ドア先に割れた皿が多いそうです。

これを聞いて、日本でもやろう!!とは思わないで下さい!取り入れると、問題になるので止めましょう。

代わりに、年を開ける瞬間に、椅子からジャンプするというのがあります。これからの一年間に幸福が訪れるという意味があるそうです。怪我しないように試してみてはいかかでしょうか??

サムネイル画像

■ フランス

フランスは、美食の国といったイメージがありますが、その通りで、豪華な食事とお酒を楽しむそうです。

これは、日本にも少し似ていますね。お寿司・鯛料理などで過ごす方もいるでしょう。他の国々でも似たように過ごします。

ですが、フランスの特徴としては伝統菓子を食べる事です。

ガレット・デ・ロワというパイ料理で、その中にはフェーブという小さな人形が入っているそうです。それを当てると、一年間の運気が良いよ!となるそうです。 日本のおみくじに近いかと思います。

サムネイル画像

■ 台湾

台湾の正月は、旧正月のため少しズレた1月や2月頃になります。

そんな旧正月では、爆竹を使いまくるという風習があります。何故ならすのか??

それは、疫病などの邪を追い払う意味があるそうです。花火と似たイメージです。

元々、花火も疫病を追い払うためという説があります。

爆竹を鳴らす理由にも、もう一つ理由があると言われます。それは、商売繁盛を願うためです。富の神様である財神の誕生日のため、それを祝うために爆竹を使いまくるようです。

サムネイル画像

まとめ

いかがだったでしょうか??個人的には、デンマークは、かなり驚きました。

日本の正月は、どちらかというと静かに、ゆっくり過ごす傾向かと思います。まだまだ、コロナの心配もあるので、気をつけて過ごしましょう。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA