急な口内炎には、どうすれば良いの??口内炎の原因は、隠れた病気も・・・。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

春になると、新しい門出により、お酒が増えていたり食事が乱れてたりしませんか??

そんな時に、気が付いたら口内炎が・・・・。口内炎により歯が疼いたり、痛かったりもするでしょう。

今回は、口内炎について話していきましょう。

口内炎には、種類があった!!

■ アフタ性口内炎

なんだか最初から難しそう・・・。アフタって何??

そう思うかもしれません。このアフタ性は、皆さんが一番なる口内炎です。

円くて、くぼみ・えぐれた様に陥没した状態です。そのため、食事や刺激の強い飲み物で、痛みが生じます。
多くの原因は、睡眠不足・栄養バランスの偏り・疲労の蓄積・風邪など体調不良です。

サムネイル画像

■ ウイルス性口内炎・口腔内カンジタ症

口内炎の中には、感染性によって起こる事もあります。
真菌というカビの1種であるカンジタ・ウィルスであるヘルペスが原因です。

実は、カンジタは口腔内に住んでいる常在菌のため、健康であったり清潔であれば、問題は起きません。

ヘルペスも同様の事が言えます。

ヘルペスウィルスには、日本人の9割近くが身体に潜んでいます。ヘルペスウイルスにかかると、神経と神経の間の神経根に住み続けます。

学生の時に聞いた話では、以下のような話でした。

身体が健康な時:ヘルペス『なんて、最高なんだ!!ご飯も出るし、住み心地が良い。なにもかも行き届いているよ!!まるで、高級旅館のようだよ。』

このように、健康時は、人もヘルペスウイルスも共存共栄している状態になります。

体調不良・免疫低下の時:ヘルペス『あれ!?何か最近、居心地が悪いぞ・・・。ま・・・まさか宿主がやばい状態!?一大事だー。巻き込まれないように、次の宿主を探さなきゃ!!』

ヘルペスウイルスは、寄生先を変えるために、神経根という家を離れ、表面上に出てきます。これが、口腔ヘルペスや帯状疱疹となります。

結局は、良い健康状態・口腔内の清潔な状態をキープする事が大切!!

口内炎が出来てしまっても、歯ブラシが当たってしまっても磨きましょう!!

心の中で『逃げちゃ駄目だ。×3』を叫んでも構いません。

口腔内が悪い環境になる事を防ぐためには、歯ブラシの他に、うがい薬などを使い清潔を心がけましょう。

また、常に清潔に保つことは、口内炎の予防にも効果的です。

でも、体調不良とかでも起きるなら、どうすれば良いの??

どんな清潔に保っても、自分自身で噛んでしまったり、急に出来てしまうのが口内炎です。

その場合には、ビタミンB群を取るようにしましょう。粘膜は、常に破壊と再生を繰り返すターンオーバーが起きています。

この時に、必要な栄養としてビタミンB群が使われます。特に、ビタミンB2・B6がおすすめです。

ビタミンB群は、納豆・牛乳など、日常的に取りやすい食べ物にも多く含まれます。バランスの取れた食事で、十分に摂取も可能でしょう。

また、漢方薬では、甘露飲がおすすめです。粘膜を再生を促す作用・炎症を抑える作用もあるので、早めに治癒をしてくれます。漢方薬が苦手な方は、サプリメントなどでもビタミンB群を含むものを使うと良いでしょう。

まとめ

いつ出来るか分からない口内炎は、日頃のケアが一番です。自分で噛んでしまった口内炎以外は、身体が悲鳴を上げているサインです。

そんな時は、生活習慣を見直すきっかけにしてくれたら、嬉しいです。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA