夏前ダイエットは、まだ間に合う!!生薬を取り入れて、美肌とスリムボディを手に入れよう。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

湿邪が猛威をふるう時期には、薏苡仁(よくいにん)を使う方が良い!!

薏苡仁には、湿を除去する作用があるのです。そのため、生薬として胃腸・関節・皮膚の改善に民間薬として使用されてきました。

そんな薏苡仁とは、一体どんなものなのかを知っていますか??

実は、皆さんもよく知るお茶の種となります。そのお茶とは、はと麦茶の事を指します。

薏苡仁は、ハトムギの種子となります。薏苡仁は、湿を除去するだけで無く、排膿作用も優れています。そのため、イボ取りの生薬として有名です。

これは、今でも尋常性疣贅つまり人パピローマウィルスによるイボの特効薬として知られています。

美肌の妙薬と名高いのも、薏苡仁!!

この梅雨が明けると、夏となり紫外線で肌にも影響がでる頃かと思います。

そんな時には、薏苡仁が美肌に良いとされます。また、利尿作用があり、むくみ太り・水太りにはダイエットにも良いでしょう。

薏苡仁を食事に取り入れる事で、スリムな体型と美肌を取り入れよう!!

■ 薏苡仁を下処理の仕方。

① 米を研ぐように、良く洗い、ゴミや臭みを取ります。

② その後、熱湯につけ一晩おきます。

③ 2~3倍の水を加えて、20~30分茹でていきます。

④ 後は、余分な水を切り、小分けにして冷凍すれば、いつでも使える状態になります。

後は、炊き込みご飯の具材・お粥・チャーハン・餃子やハンバーグなどにかさ増しとして入れる事で、簡単に薬膳が出来上がります。

こんにゃくが、ご飯のかさ増しとしてダイエットに用いる事があると思います。それと同じように、薏苡仁を使用する事で、摂取カロリーを抑えられます。

また、利尿作用により、浮腫改善される事で、コンニャクよりも早くダイエット効果が期待できるのです。

そして、なにより美肌効果があるので、健康的な美貌が手に入る手助けをしてくれます。

けど、いちいち下処理は面倒・・・。

このような場合には、以下のようなヨクイニン末をハンバーグなどに入れ、簡易的な薬膳として使うのも良いでしょう。しかし、この場合はかさ増し出来ないので、その分はコンニャク米を取り入れると、ダイエットと美容の両方に効果が出るかと思います。

まとめ

夏前に、健康的な体型と美容を手に入れては、いかがでしょうか??

食事を改善するだけで、効果が出るのがダイエットです。ここに、運動が入れば、代謝も上がりより効果的でしょう。

今回は、ズボラさんでも簡単に始めやすく紹介しました。興味があれば、試してもらえると嬉しいです。

以上、参考になれば幸いです。
漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA