冷蔵庫にある物で、簡易的な薬酒が作れる!!簡単すぎる薬酒で、胃腸が弱る梅雨を乗り切ろう!

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

梅雨まで、あと一ヶ月くらいでしょうか・・。ジメジメとして嫌な季節です。

東洋医学では、湿気は湿邪といい、脾胃とは相性が良くない季節です。そのため、食欲不振・胃炎・吐き気など様々な胃腸障害がでる頃となります。

今回は、今から漬けておくことで、梅雨時期にピッタリ完成する薬酒を紹介しましょう。

その名も・・・。

蘇生陳皮酒!!

まるで、人を蘇らすような名前ですね。ゲームだったら、ポーションのような役割がありそうです。

この薬酒名は、その成分となる葉・生姜陳皮から来ています。

この3つの材料をホワイトリカーや焼酎に漬けるだけで、出来上がる簡単なものです。

■ 蘇葉 20g

■ 生姜 30g

■ 陳皮 50g

■ ホワイトリカーや焼酎 1L

■ 果糖・グラニュー糖は、お好みで

作り方】

刻み生薬・現物を煮沸済の梅酒などで使う瓶にいれて、ホワイトリカーを注ぐだけです。蓋を閉じた後に、軽く振って冷暗所に保管します。漬け初めの4-5日は1日1回は振ってなじませる事は忘れずに。

10日ぐらい経過すると、刻み生薬の場合は、成分が溶け出し完成となります。現物の場合は、20日以上は漬けておきましょう。

その後、果糖またはグラニュー糖を入れて、お好みの味にします。1か月以上たったら、上澄みだけ取り、使った生薬は除外する事をおすすめします。

【飲み方】

1回20㎖ 1日2~3回食前・食間に服用。

【効果】

健胃作用・消化不振や嘔吐を抑えるなどがあります。生姜と陳皮で、胃を軽くして働きをよくします。また、蘇葉・陳皮の芳香により、気分を爽快にさせます。

味も微かな苦みを伴う優しい味で、長く飲んでも害がないと言われます。

蘇葉や陳皮は、自分で集めて置くと良い!!

青紫蘇を夏の間に育てて、乾燥し保管。また、ミカンの皮を陳皮と言います。綺麗に皮を洗い、乾燥しておけば材料は簡単に手に入ります。生姜は、乾燥していても生を薄くスライスして使っても効能は、変わりません。

紹介していてなんですが、これを聞くと・・・

ちょっと、面倒だな・・・。

こう思う方も多いかと思います。そこで、私がもっと簡単に作れるお酒を紹介しましょう。

用意する物は、以下に置き換えて下さい。

■ 蘇葉 20g ⇒ 紫蘇入り梅干し

■ 生姜 30g ⇒ そのまま、生のスライスまたは、チューブのショウガ

■ 陳皮 50g ⇒ 陳皮茶

■ ホワイトリカーや焼酎 1L

■ 果糖・グラニュー糖は、お好みで

紫蘇入りの梅干しは、梅干しサワーのような使い方にし、他は漬けて薬酒にすれば完成します。

これで、簡易的な蘇生陳皮酒を作りましょう。

蘇葉を紫蘇入りの梅干しに変えても、効果はどうなの??

少し、不安になってしまう方もいるかもしれません。

そもそも、梅自体は、古くから薬用として使われてきました。また、夏場ではお弁当には欠かせないと思います。それは、梅干しにはクエン酸が豊富で、整調作用・食欲増進・殺菌作用・疲労回復などの働きがあるからです。

そのため、薬酒を少しアレンジしても、問題はありません。

ちなみに、紫蘇は赤ジソと青ジソがありますが、どちらも食用・薬用によく用いられます。特に、赤ジソは、天然色素のアントシアニンを含まれています。梅を塩に漬けることで、アントシアニンとクエン酸が反応し、鮮やかな赤色になります。

この赤は、東洋医学では心に属します。この心は、夏に影響があるので赤色の食材を取る事は良いとされています。

夏場は、食欲が落ちたり、体力が消耗しやすいため、梅干しで代換えはピッタリな案ではないでしょうか??

まとめ

家にあるものでも、簡単に薬酒が造れます。その他にも、センブリや桂皮(シナモン)など自分好みの薬酒を造ってみてはいかがでしょうか??

薬酒にしろ薬膳も、意外と簡単にできます。一度やると、新しい趣味が出来るかもしれませんよ。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA