何日も便が出ない・・・・。癖になる便秘を解消!!その便秘を浣腸で済ますな!!

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

良く便秘で悩んでいる人が来院されます。多くの人は、病院で何年も薬を服用しており、それでも年々と出なくなっていると訴えています。

今回は、悩んでいる方に必見。便秘が癖になる理由や解消法を話していきます。

便秘と浣腸。

頑固な便秘には、浣腸を使用している方もいるかと思います。しかし、浣腸をすれば出るからと、それが当たり前となっていませんか??

浣腸に頼ると、自力による排便力がなくなっていきます。それは、何ででしょうか??

腸の内容物を一掃するために浣腸をしようする場合、浣腸の成分はグリセリン・石けん水など様々です。

浣腸の成分が、直腸粘膜を爛れさせ、直腸部の神経に異常を起こす事があるからです。そのため、直腸の筋肉が萎縮し、蠕動運動が低下していきます。その結果、負のスパイラルとなり、便秘が悪化していきます。

そのため、救急的な使用は問題ないですが、日常的に使用は控える方が良いでしょう。

それじゃあ、処方された便秘のための飲み薬なら平気だよね!?

平気な処方もありますが、安易に頼るのは良くないでしょう。子供の時は、頼らなくても出てたはずです。健康な腸に戻す必要があります。

漢方薬にも、センナという生薬があります。便秘の方なら聞いたことがあるかと思います。病院であれば、センノシド・プルゼニドなどに当たります。

皆さんは、漢方なら平気でしょ!?そう思う方がいるでしょう。しかし、センナ製剤は、服用すべきで無いのが、私の意見です。

センナというのは、腸を無理矢理に刺激することで、蠕動運動を高めて排便を促します。しかし、それを常に服用し、刺激することで腸がその刺激に慣れてしまうのです。

それが続くと、より強い刺激で無いと運動をしないため、普通の食事よる刺激では排便が出来なくなるのです。

そうなる前に、改善することが必要です。

何をすれば良いの?解決方法を知りたい。

身近な食材から試してみよう。

やはり、ゴボウがおすすめです。

食物繊維が豊富であり、これは消化・吸収されません。そのかわり、胃腸をきれいに掃除してくれ、腸内細菌の悪玉の増殖も防ぎます。ゴボウは、腸内の好気性細菌の発育を促し、ビタミンの合成を活発にさせます。

でも、食物繊維なら、ゴボウじゃ無くてもいいんじゃない??

ゴボウをおすすめする理由が、きちんとあります。

ゴボウの食物繊維は、他の野菜と比べ、極めて高い水分保持作用があります。それが、腸内をすっきりさせ、心地よい排便へと促します。ゴボウの食物繊維にはリグニンという物質があり、抗菌作用があります。これが、大腸癌の予防としても注目されています。

おすすめの漢方薬。

しかし、食物繊維を取り過ぎても、すでに腸が動かない方は、漢方薬に頼るべきでしょう。

腸の動きを取り戻す漢方薬として、大建中湯・桂枝加芍薬湯などがあります。

また、ウサギのように便がコロコロになっている場合は、水分が必要となります。

その場合は、麻子仁丸を使用すると良いでしょう。

以上、参考になれば、うれしいです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA