メタボ対策には、連銭草がいい。お茶感覚で始めてみよう。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

夏も、もう目の前に迫ってきました。薄着になると気になるのが、お腹のお肉だったりします。

そんな方に、オススメなのが連銭草となります。

メタボによる糖尿病に使われる生薬となります。別名:カキドオシと呼ばれます。

垣根を越えて、茎が伸びることから垣根通しから名前がきたり、子供の疳の虫を取り除くカントリソウとも呼ばれます。

連銭草(かきどおし)

全草を4~5月頃の花が咲いている時期に刈り取り、陰干しにしてから使用します。シソ科の植物のため、薄荷に似た強いかおりがあります。

利尿・消炎薬として黄疸・胆石・腎結石・膀胱結石などに使われます。糖尿病でも口渇感などの改善にも良いでしょう。また、血糖降下作用は、タラノキよりも強いとされます。

一日量 10~15gを煎じて3回に分けて服用しましょう。

子供の場合は、一日量5gくらいで良いでしょう。

まとめ

かきどおしは、民間薬やお茶感覚で、使っていける生薬の一つです。

日常的に服用し、体質を改善するのも良いかと思います。

日本人には、解毒体質という毒素を外に出しにくい方が多いので、かきどおしは使い勝手がよいでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA