ミルクティーが膵臓ガンの発見に効果が!?発見しづらいガンにも光明か??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

最近、こんな話を目にしました!! なんと、午後の紅茶のミルクティーが膵臓ガンの発見に役立つという事でした。

皆さんも一度は飲んだことがあるかと思います。

夏は冷たく、冬は温かくして飲む事があるかと思います。そんな午後の紅茶が医療に役立っているというお話です。

サムネイル画像

膵臓は暗黒の臓器とも呼ばれ、膵臓ガンが発見された時には、既に時が遅し・・・・。そんな風に言われています。

膵臓ガンは、5年生存率はとても低いことでも有名な病気です。

そもそも、どうして膵臓の病気が見つかりにくいのでしょうか??

今までの検査では、胃の中のガスなどでハレーションという白くぼやける現象が起きてしまうので、きちんと膵臓の解析が出来ませんでした。

そこで、頭の良い人たちは考えました。

そうだ!!胃を液体で満たせばいいではないか!!

まさに、僥倖!! この思いがけない考えに、ザワザワと反応を起こした方もいるかと思います。

でも、なんで午後の紅茶!?しかも、ミルクティーなの??

この液体で満たす事を考えついた時点で、様々な飲み物を試したそうです。その中でも、群を抜いて解析に良かったのが午後の紅茶のミルクティーだったのです。

含まれる乳脂肪分の比率が絶妙だったのです。昔から愛されるミルクティーを作ってくれているキリンビバレッジさんには、感謝しかありません。

検査方法は、ペットボトル1本を検査前に飲む事で、膵臓がハッキリ見えて検査が出来るそうです。

そもそも、膵臓ガンになりやすい人って??

膵臓ガンは、遺伝性もあると言われますが、BMI30以上の肥満気味の方が傾向があるようです。

普通の3.5倍も可能性が高くなるとも言われます。

さらに、タバコを1日2箱以上のヘビースモーカーも注意が必要です。

最近では、禁煙ブームもあり、減少傾向ですがやはり健康に作用するようです。

肥満・タバコときたら、他は何があるでしょうか??

そうですね。やっぱりお酒も控える方が良いでしょう。

ビールを毎日1リットル以上飲む方は、良くないと言われます。適切な量は、350㎖程度と言われますが個人差もあるので、毎日多飲する場合は少なめを心がける事が大切です。

休肝日も考慮に入れると良いと思います。

東洋医学では、酒毒や湿熱から起こるのを予防する事が大切となります。

そのため、半夏瀉心湯や茵陳五苓散・牛黄・熊胆・柴芍六君子湯などが使われます。

症状・体質により、選ぶ漢方薬は変わりますが、代表的な例を挙げておきました。

日頃から消化器系の乱れから胸焼け・胃痛・二日酔いなど起きやすい場合は、半夏瀉心湯が使いやすいかと思います。

まとめ

まずは、膵臓の機能を落ちないように、生活習慣を予防しましょう。それでも、遺伝などにより、発症しやすい方もいます。その場合は、今後早期発見が可能になり始めたばかりです。

膵臓ガンは、症状があまり起こらない事から見つかったときにはステージ4と重症となっている場合もあります。

そのため、午後の紅茶のミルクティーと超音波検査で、早期発見をして未然に防ぐことが大切です。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA