【ペット漢方薬】紫雲膏の驚くべき効果とは?? ペットにも使える安全・安心の軟膏!!

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

今回は、台湾の林先生による症例を紹介します。

漢方薬では、有名な紫雲膏という軟膏についてです。名前の通り、紫色で初めて見る方は、びっくりするかもしれません。

この紫雲膏は江戸時代の医師である華岡青洲翁が考え出した軟膏です。元々、潤肌膏から派生しており、これに豚脂が入ることで、紫雲膏と名付けられました。

基本的には、怪我や潰瘍などに用いられていますが、痒みにも使用でき汎用性が高い軟膏でしょう。

私も、太乙膏と紫雲膏は常備薬として、持っています。どちらも漢方薬の軟膏としては代表的なものとなります。

次に、紫雲膏の症例を見てみましょう。

かなり深い潰瘍になっていることが分かります。

紫根は、この炎症や痛みを抑え、解毒・抗菌作用により化膿も防ぎます。また、当帰は補血作用に優れ、肉芽形成を促進します。そのため、この二つが入った紫雲膏は、患部の治癒を早め、皮膚をなめらかにします。

まとめ

いかがでしたか??なかなか、衝撃がある症例かと思います。

紫雲膏は、ペットが舐めても問題がない成分です。もちろん、人間の赤ちゃんにも良いでしょう。

似たような症状で悩んでいる場合は、試してみてはいかがでしょうか??

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA