秋から冬に起こる皮膚の乾燥。手荒れ・しもやけを未然に防ごう。その方法とは??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

この時期になると、風は冷たく冷え、乾燥した時期が続きます。そんな時期に多いのが、風邪の他に、手足の皮膚炎です。

家事を良くする方は、水仕事で荒れやすいかと思います。最近では、共働き夫婦も増えて男性も、手が荒れている方も多くなっています。

ですが、やはり男性よりも女性の方が同じ事をしても、症状がでやすい傾向にあります。

これは、瘀血という体質が関与します。瘀血体質とは、血の巡りが悪くなった状態の事を指します。

女性に多い理由は、生理が関係しています。月に一度に起こるので、どうしても瘀血とは切っても切れない関係です。

生理による出血は、血液が乏しい状態である血虚を引き起こします。そのため、血液量が減れば、その分の流れも悪くなるのです。

イメージが沸かない方は、庭やお風呂場で、ホースやシャワーを使いましょう。水量を調節する事で勢いが違うことに、気が付くかと思います。これが、体内の血管で起きていると思って下さい。

このように、若干ですが性差が出てきます。しかし、職業・ストレスなど様々な原因があるので、あくまで同じ条件下で比べた場合によります。

サムネイル画像

寒い時期に増える肌荒れの原因とは??

初めに話した通りで、冷え・乾燥が原因となります。

特に、冷えという寒さは寒邪と呼ばれ、流れの滞りを起こす原因となります。これが、血液の滞りを起こし、瘀血へと発展していきます。

十分な栄養を含んだ血液が手足の末端まで、上手くいかなくなると、どうなるでしょうか??

答えは、簡単ですね。皮膚は潤いが低下し、皮膚疾患が起こりやすい状態となります。

そんな状態に追い打ちをかけるのが、乾燥です。環境も作用して乾燥に拍車をかけます。そうなると、皮膚の状態はますます悪化し、砂漠のようになります。そうすると、皮膚が裂け、亀裂が生じてしまうのです。

これが、しもやけ・あかぎれなどの皮膚疾患の原因となります。

今から始めても間に合う予防法は??

■ 鍋料理などの温かい食事を取り入れよう。

ビタミンEなど皮膚に良い食事を取り入れましょう。そんな中で、一番手っ取り早いのが、鍋料理です。身体の芯から温まり、また肉・野菜をバランスが良く摂取できます。

その他にも、部屋が保湿されるなどの効果もあります。乾燥状態を作らないためにも、部屋の湿度には注意が必要です。

濡れタオルや保湿機なども良いでしょう。

■ お風呂に入り、しっかり温まろう。

お風呂に入らない方が増えていますが、スキンケアのためには欠かせない行為です。

冬場のお風呂は、肌を清潔にするだけでなく、身体を温める事が大切です。

血行が促進されるので、肌の隅々に栄養が行き渡り、肌の代謝も良くなります。瘀血体質や冷えやすい方は、面倒くさいと思っても取り入れると予防になります。

■ お風呂後の保湿は、10分以内に。

お風呂をお勧めしましたが、注意点があります。保湿リミットが迫っているという事です。

そんな時間は、たったの10分です。男性の場合は、時間に余裕が生まれるでしょうが、女性ではそう上手くはいかないでしょう。髪を拭くだけでも、相当な時間のロスとなります。

お風呂を出ると、急激なスピードで乾燥が始まります。放っておけば、入浴前よりも乾燥の状態に陥ると言われるのです。

ちなみに、最高の保湿タイミングは、お風呂を出た直後~1分後です。ここをピークにドンドン乾燥していきます。

サムネイル画像

そんなぁー、ズボラな私じゃ無理だよ・・・。何か他の方法はないの??

そんな場合は、薬用成分配合の商品を試すと良いでしょう。

すでに、手荒れで困っている・痛くて敵わん・・・

このような場合は、太乙膏という漢方由来の軟膏がおすすめです。

この軟膏は、かなり癖が強いです。黄色い軟膏で特有の臭いがあり、油分もたっぷりです。そのせいか、がっつり塗布して塗れば、次の日には大分状態が変わっているでしょう。

私も幼少の時に、皮膚炎で苦労しましたが、これを全身に塗布し治療した事を覚えています。そのおかげか、今では皮膚疾患に困らなくなっています。

まだ、私はそこまでの症状じゃないけど、何かおすすめの軟膏はないの??

そんな方には、ユースキン製薬のプローラ商品がおすすめです。

・ オールシーズンには、モイストクリーム。

・ 冬場には、油分が豊富なエンリッチクリーム

・ 暑い時期には、ジェルタイプがおすすめです。

この3点を上手く使うのが、おすすめです。

もし、子育て世代であれば、エンリッチクリームがおすすめです。赤ちゃんは、おむつかぶれをし易いデリケートな皮膚状態をしています。

ペットでも使用できたりと口に入っても、問題がないと言われるので、全身に塗布してあげても安心かと思います。

また、それでも乾燥肌が酷い場合には、ジェルを使用した後に、モイストクリームまたはエンリッチクリームを使用するのが、個人的におすすめです。

私もズボラな方なので、ジェルだけの場合が多いですが、乾燥を感じた時に追加で塗布することで予防しています。

まとめ

今回は、しもやけ・あかぎれなどの皮膚疾患についてでした。何か一つでも取り入れて貰えたら、嬉しいです。

軟膏やクリームでも、難しい方は、漢方薬を内服することをお勧めします。瘀血・冷え・血虚などの原因を取り除く漢方薬がありますので、是非とも相談して下さい。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA