病院にかかる暇がない!そんな時に、持っておくと、便利な救急処置方法。【東洋医学】

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

今回は、急な病気になったときに、時間やそもそも病院が祝日でやってない!!そんな時に使える処置方法をお伝えしたいと思います。

中耳炎

①痛みがある部分に、冷たい水をタオルで絞り当てる。

これは、捻挫など他の炎症性の症状にも使えます。これは、さすがに知ってるよ。そんな声もありそうですね。

②耳ともみ上げの間の、押すと圧痛がある部位に、パッチタンを使用する。これは、肩こりなどの凝りに使用できるので、湿布とともに家に置いておくと便利な、セルフケア商品です。

ぎっくり腰・突き指・打ち身など

①安静第一です。マッサージなどは、急性の際は、悪化しますので様子見るように。

②触ると、熱感があれば解熱消炎剤・湿布などで冷やしてください。それが取れた場合は、もう冷やさないようにしてください。そのまま、冷やすと周囲の筋肉が冷え、慢性化する事があります。熱感がなくなれば、温める治療(鍼灸・湯治などがおすすめ。)に切り替えが大事となります。

湿布剤でも、漢方薬の湿布が意外と効きます。自分で練って、シートに塗布してからの使用となりますが、効果はあります。少しだけ面倒ですが、おすすめです。

頭痛・歯痛

①疲労や首肩こりから来る慢性的な場合は、鍼灸や按摩などがおすすめ。さきほどの、パッチタンも使えます。

②急性の場合は、風邪や熱を帯びている事があるので、冷やすようにしてください。

二日酔い

①半夏瀉心湯や五苓散などで予防するのが良いでしょう。また、ガジュツも使いやすいです。

意外と、ウコンは使用しない事が多いです。どちらかというと、胃腸薬の方を使うと良いでしょう。

②冷蔵庫にあるもので何とかしよう。梅干し・レモン・大根おろしなどを使うと良いでしょう。

膀胱炎

①冷えが関与する事がるので、お腹周りや足を温めると良いでしょう。

②五淋散という漢方薬がおすすめ。また、多めの水を服用して、尿を出し解毒を促す。

虫刺され

①吸引器具で、毒をとりましょう。蜂だけでなく蚊にも使えるので、常備しておくと使えます。

②刺された部分に、お灸をする。腫れや痒みにも効果があります。

③ステロイドと抗生剤が混じった商品を使う。

以上が救急時に使いやすいものです。私も、念のため常備しています。自分で使いやすいものは持っている安心なので、もし使えそうだなと思ってもらえたら紹介した甲斐があります。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA