生理関係の疾患は、女性ホルモンの乱れ。漢方薬で対処してみよう。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

最近、ホルモンバランスが崩しやすいなどの相談を受けます。男性も多いですが、やはり乱れやすいのは女性が多い傾向です。

そのため、今回は年齢に関係なく、使いやすい漢方をご紹介したと思います。

ホルモンバランスが乱れ!!それは、瘀血です。

そもそも、血の巡りが悪くなるのは、ストレス、過食、運動不足だったり、月経不順など様々な要因があります。

婦人科の疾患は、初潮~更年期までの間の長い期間あるので、多くの女性は、悩まされるのは当たり前かと思います。

特に、変化が起きやすいのは、思春期から出産または更年期になります。PMSも当たり前の事なってきました。

東洋医学では、このホルモンバランスの症状を瘀血という症状であることが、ほとんどです。

瘀血??東洋医学になじみが無い方は、聞いたことがないかと思います。

それでは、瘀血とは一体なんでしょうか??

正常な血液は、サラサラとして滞りなく全身を巡ります。それにより、全身へ栄養を運び、健康を維持してくれています。

しかし、様々な原因により、血液がドロドロとなります。粘度が上がり、どす黒くなると今までの血液循環が悪くなり、全身の状態が悪化することが想像されます。この血液の流れが悪くなり、起きてしまう病気を瘀血と言います。

イメージが出来ない方は、川の流れが停滞している所を見てください。そこには、淀みがありヘデロのような状態になっている事があります。その状態が、自分の身体で起こっていると考えると、ゾッとする事は間違いないでしょう。

身体に、瘀血の症状が出ると、皮膚がざらざらになったり、黒ずむ、節々で痛みが起きやすい、女性特有の月経では、特に顕著に表れます。無月経、月経不順、月経に固まりが多いなど起きます。

さらに、瘀血が進むと血管の老化が進み、心疾患・高血圧・高脂血症・肝臓病などの生活習慣病を引き起こします。

そうならない為には、どうすればいい??

簡単な事ですが、原因となるものを排除する事です。

過食なら、食事を見直す。ストレスが多いなら、たまらないようにする。運動不足なら運動するなどの、当たり前の事を見直しましょう。

見直せたら、やっているよ!!そう思う方が、大半だと思います。

そんな時には、漢方薬を試してください。本当なら、一人ひとりの体質を考えるのが好ましいのですが、一般的に服用しやすい漢方薬を紹介します。

その漢方薬は【桂枝茯苓丸】

他にも、女性ホルモンにより漢方薬は、多くあります。

今回は、桂枝茯苓丸に注目して話していきます。

桂枝茯苓丸は、桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・赤芍で構成されています。注意が必要なのが、たまに桂枝を桂皮(シナモン)・赤芍を芍薬(白芍)で構成されたものが流通しています。そうすると、薬効が変わってくるので、きちんとした桂枝茯苓丸をおすすめします。

桂枝:桂皮よりも体を温める作用は緩和だが、発汗作用を持ちます。同じ植物でも、部位で薬効は変わるのは不思議ですね。

赤芍:瘀血の滞りを治す作用があります。これが芍薬(白芍)になってしまうと、薬効は、まったく変わります。

芍薬(白芍)は、血液を補い、筋肉のけいれんを抑える作用があります。瘀血の滞りを治す作用はないのです。

正しい桂枝茯苓丸を選ぶことが大切となります。

それでは、桂枝茯苓丸が合う人は、どのような方なのでしょうか??

桂枝茯苓丸は、炎症性の瘀血体質に用います。

更年期障害・打撲・月経痛・月経不順・のぼせ・肩こり・頭痛などが多いでしょう。

一般的に、体格はふつうで、赤ら顔の人に合うといわれます。また、下腹部の瘀血に用いられます。

その理由は、以下になります。

下腹部に瘀血ある場合、心臓から出た血液は、下肢へ流れにくくなります。すでに、滞っているために、その血液は上半身へ増える事になります。そうすると、上半身はほてり、顔は赤みを増します。

よって、桂枝茯苓丸が合う人は、赤ら顔であり、上半身にほてりがあり、下腹部の瘀血という特徴があります。

また、舌先が真っ赤になっている人は、桂枝茯苓丸が合うといわれます。この舌先は、東洋医学では心に関与しています。

そして、真っ赤ということは、熱の症状があるので、先ほど述べたように、心臓から下肢への滞りがある可能性があるためです。

もし、当てはまる方がいるのであれば、桂枝茯苓丸を試してみては、いかがでしょうか?

余談ですが、これに対し、冷えやむくみを伴う瘀血では、当帰芍薬散や温経湯がおすすめです。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA