春は、花粉症だけで無く、ドライアイにも気をつけて!!意外と多くなる眼疾患。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

東洋医学では、春になると眼疾患が増えると言われます。その理由には、肝が関与するからです。

五行説という考えでは、肝は目に開竅します。つまり、深い関係があるという事です。

肝は血液の貯蔵庫ですし、目というのは、肝血の栄養に頼っています。

そのため、肝が弱る春には、眼疾患が出やすい傾向にあります。逆に、眼疾患があるという事は、肝にも影響が出ている可能性があるのです。

肝血が不足すると、眼精疲労・ドライアイ・視力の低下などの症状が出てきます。

サムネイル画像

あなたの目のかゆみは、花粉症ではないかもしれない!!

花粉症は、誰しもが知っているアレルギー疾患です。その一つの症状に、目の痒みがあります。

しかし、ドライアイでも目の痒み・赤みなどの症状が起きます。

これは、肝血が不足することで、目の粘膜が低下したために起きます。目の潤い不足が起きれば、乾くことは想像できましょう。乾く事が続くと、それから熱症状が出て、痒みも生じてきます。

また、目を保護するバリヤー機能も低下するため、花粉やPM2.5などの異物により、影響が起きやすくなります。

あなたが毎年、悩んでいた花粉症は、ドライアイからの花粉症かもしれません。

目のバリヤー機能を回復するには、肝血(肝陰)を補おう!!

目の潤いを補充するには、先ほどから言っている肝血が大切なります。その他にも、肝陰も大切となります。

肝陰には、肝血と津液という水分も含まれまています。老化現象などは、特に肝陰を補う事になります。

■ 肝に良い食材を食べよう!!

酸味がある食べ物は、肝の栄養となるので、レモン・うめ・リンゴなどが良いとされます。その他にも、ブリ・レバー・鶏肉などの動物性タンパク質も良いでしょう。

その他にも、菜の花・春菊・ルッコラなど旬な食べ物も肝を養生してくれます。

■ 十分な睡眠を取ろう。

23時~午前1時は「胆の時間帯と言われます。この時間帯に寝ている事が大切です。

東洋医学では、肝胆は表裏関係と深い関係性があります。胆が休まらないと、肝に影響が出てきます。そして、肝の時間帯が 午前1時~3時はとなります。

そのため、23時から3時の間は、きちんと睡眠を取ることをおすすめします。

■ 適度な運動をしよう。

運動は、自律神経を整えるだけでなく、気分を爽快にさせます。また、血流も良くするので、肝に良い影響を与えます。

楽しく適度な運動は、ストレスから身を守るので、少しでも取り入れましょう。

そんなに、規則正しい生活する暇はないよ!!
もっと、簡単な方法を教えて!!

生活リズムは、人それぞれで、なかなか取り入れるのは難しい方もいるでしょう。

そんな方には、肝血・肝陰の栄養となる漢方薬を取りましょう。

■ 肝血を補う漢方薬

代表的な漢方薬は、四物湯となります。この四物湯系列であれば、肝血に栄養を与えます。そのため、四物湯の服用がベースとなります。

それだけで、十分な方もいますが、ストレスが強く、不安感・イライラ・モヤモヤして寝れないなどの症状がある時には、加味逍遥散がおすすめとなります。肝は弱ると、怒りを生じやすくなります。

生理中にイライラし易い・不安になりやすい方は、月経により血液を不足したために、肝臓で貯蓄している血液が使われます。そのため、肝血不足になりやすくなります。

このような場合は、加味逍遥散の方がおすすめです。

加味逍遥散は、四物湯をベースに、ストレスを流す生薬で構成されています。

■ 肝陰を補う漢方薬

代表的な漢方薬は、杞菊地黄丸となります。老化により起こる症状を抑える六味地黄丸ベースとなっています。六味地黄丸に、目に良い生薬の枸杞・菊花が配合された漢方薬です。

眼疾患があれば、ファーストチョイスされるのが、この杞菊地黄丸となります。

まとめ

花粉症で困っている方は、もしかしたら肝血不足により、起きているかもしれません。

このような場合は、今後の視力の低下・白内障・緑内障など眼疾患が起こるかもしれないので注意しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA