寒くなってきたら、日向ぼっこを取り入れよう。太陽から得られる効果とは??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

暑かった夏が過ぎ、冷え込んできた今日この頃です。寒くなると、助かるのが太陽の光ですね。

冬でも日向にいることで、だいぶ身体を温めてくれます。

そんな日光は、身体とどんな関係があるのかを詳しく理解している人は少ないでしょう。

そのため、明日からすぐに出来る日光浴について話していきたいと思います。

サムネイル画像

日光浴で、病気が予防や治療できる?? 

■ ビタミンDが作られるのを促す作用。

体内で、ビタミンDは大切な働きを行っています。カルシウムの吸収を良くし、骨粗鬆症を予防したり、脳へ作用しボケの防止にもなります。

その他にも、膵臓に働く事でインスリンを出しやすくし、糖尿病にも作用すると言われます。

■ セロトニンを分泌させる作用。

セロトニンは、神経伝達物質の一つで、別名:幸せホルモンとも呼ばれます。

そのため、精神を安定させるので、ストレス・うつに対しても効果があります。

■ 体温をあげる作用。

これは、説明しなくても分かるかと思います。もし、分からないかたは、すぐに日向に出てみて下さい。

この体温をあげる事は、免疫力を高める事に繋がります。体温が1度上がるだけでで、免疫は5-6倍にも上がるとも言われます。

また、血液の循環が良くなり、筋肉がつきやすくなり代謝が良くなります。

おすすめは、朝に最低15分。

夏場は、日差しが強いので少なくても良いでしょう。冬場は、逆に長くても良いので30分程度浴びてください。

また、朝におすすめの理由は、セロトニンが増えやすいからです。その他にも、朝は体温が低い場合も多いので、身体を温めますし、生活リズムが整い、自律神経の乱れにも良いとされます。

まとめ

明日から取り入れられる健康法:日光浴でした。

朝に最低15分浴びることで、病気の予防や改善の手助けをしてくれるかもしれません。

日光浴は、身体を温めて血行を良くし、各臓器へ影響をもたらします。毎日は無理でも少しでも取り入れて、病気を未病へ抑えましょう。

何事も続けることが大切かと思います。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA