ヨモギが不妊症に効果がある!?3-5月が旬!!ヨモギを食べよう。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

ヨモギと言えば、ヨモギ餅が身近なイメージかと思います。しかし、東洋医学では、艾(もぐさ)だったり、漢方薬の生薬としても使われています。

そんなヨモギについて、話していきましょう。

何故、草餅にヨモギが選ばれるのか??

昔からヨモギは、邪気を払ったり、毒気を抜くという言われています。そのため、寿命が伸びるとされており食べるようになりました。

そのため、日本の節句には欠かせない食べ物の一つとなっています。

栄養的にも、ビタミンやカルシウムなどのミネラルも豊富とされています。草餅などに使われるのは、身体に良いだけでなく、縁起も良いから選ばれています。

サムネイル画像

何で、ヨモギが不妊症に良いのか??

先ほどもお伝えしましたが、生薬の一つでもあります。ヨモギは、艾葉と呼ばれ不正出血を止めて、血流を増加させる事で、内臓の機能を高めます。この身体の機能を高める事で、妊娠をもたらす身体作りをサポートしてくれるのです。

不妊症には、様々な原因はありますが、ホルモンバランスが崩れている事が多いでしょう。これは、男性も同じです。

女性は、生理がある事から男性よりも、ホルモンの乱れが身近に存在しています。また、生理により出血があるので、血虚という血が乏しい症状になりやすい事も影響します。

その他にも、ヨモギには精油成分に富んでいます。シネオール・セスキテルペンなどの精油は、抗菌作用・気管支の緊張を和らげる作用・心拍数を抑えて、冠動脈を拡張させる作用などがあります。

女性の子宮疾患だけでなく、多様に使われてきました。

サムネイル画像

ヨモギを使った漢方薬として

■ 芎帰膠艾湯

不正出血・鼻出血・切れ痔などの出血に関して、使われる漢方薬です。

この漢方薬は、四物湯という補血作用のある漢方薬を基礎に作られているので、出血時の血液を補充する作用に優れています。

また、艾葉(よもぎ)の止血作用により、効果的に出血と患部の修復を促します。

まとめ

不妊症で多いのは、ホルモンバランスの乱れが多いのは、周知かと思います。

そのバランスの乱れには、過度なダイエットで、日々の生活に優先的にエネルギーを使い無月経になったり・真冬での薄着により子宮を冷やしたりすることで機能が低下しているなど原因は様々です。

まずは、自分自身の原因とは、何か??

これを考えておくのも大切かと思います。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA