ゴールデンウィーク後の胃の調子が悪い方には、春キャベツが良い!! 美味しく食べて、健康になろう。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

キャベツは一年中スーパーで見かけますが、今が春キャベツの最盛期です。

昔からキャベジンなどで胃に良いイメージがあるかと思います。

そんな春キャベツの効果を今一度、見つめ直しては見ませんか??

特に、暴飲暴食が起こる連休の後には、おすすめ食材です。

サムネイル画像

キャベツは、傷ついた粘膜を修復してくれる!!

キャベツには、多くのビタミンが含まれています。特に、ビタミンCが豊富で、このビタミンは免疫に関与するので、虚弱体質の方は日頃から食事に取り入れると良いかと思います。

また、粘膜を修復するビタミンUが含まれています。

ビタミンU・・・?? 耳慣れないビタミンの名前かと思います。

このビタミンは、抗潰瘍ビタミンと呼ばれ、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などで傷ついた胃壁・腸壁を修復する作用があるのです。

そして、秋キャベツよりも、春のキャベツの方が勝っています。

注意点は、ビタミンは加熱により破壊されやすいので、出来ればサラダや野菜ジュースがおすすめです。

また、潰瘍による出血も凝結因子に関与するビタミンKがサポートしてくれます。

おすすめの食べ方とは

キャベツのビタミンCやUは水溶性のため、溶けてしまいます。そのため、生が一番ですが、サラダが苦手な方もいます。

そこで、おすすめの調理法は、千切りキャベツ鍋です。

千切りキャベツを用意して、しゃぶしゃぶして食べるだけです。軽く、熱を入れて食べれば量も栄養も多く摂取できます。

また、食物繊維が豊富なので、便通にも効果が期待できましょう。

水溶性で一部は、溶けてしまいますが、軽く熱を通すだけであれば、ビタミンも壊れにくいので、おすすめな食べ方となります。

まとめ

身近な所にも、身体を整える食材がたくさんあります。上手く取り入れて、健康を手にれましょう。

中々、自炊が得意でない方は、胃酸過多の症状であれば半夏瀉心湯を服用し、食欲不振など胃腸の機能が低下している場合には、六君子湯などの補気薬で対処してみては、いかがでしょうか??

他にも、漢方薬には胃腸の機能を高めるものが沢山あります。自分にあうものを探す事もおすすめです。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA