もうすぐ、12/22・冬至になります!!冬至とは何か? 何をすると良い日??

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

冬至という言葉を聞いた事があっても、実際には何をする日なのか??すぐに、口に出せるでしょうか??

そんな日本の文化である冬至について、話して行きたいと思います。

冬至とは、最も太陽つまり日が出ている時間が少ない時間の事を指します。日の出が遅く、入りが早いという事です。

東洋医学では、陰陽の考えがありますが、この陰の作用が一番強い日という事です。この反対の日が夏至と言います。

この日を境に、また日がゆっくりと長くなります。これを、東洋医学では『陰極まれば、陽と成す。』と言います。

好転するという意味ですね。

普段から悪いことがあれば、良いことがあるよ!!そんな言葉も、同じ原理となります。

サムネイル画像

冬至の事は分かったけど、結局それが何なの??

先ほど、太陽が出るのが最も短いとお伝えしましたが、基本的に古来の人々から太陽は、生命には必要不可欠でした。

そんな太陽が日に出ているのが一番短いのは、不安でしょうがない・何か不吉な事が起きるのかも・・・。

そんな風に感じ取っていたので、日本だけで無く世界的にも冬至には、特別な風習が根付いています。

それは、厄除けだったり・病気にならないように努めるといった所が多いのです。

つまり、冬至とは土用の丑の日・節分と同じく、厄除けだったり無病息災の日です。

そのため、健康促進・風邪予防に柚子湯に入ったり、カボチャなどの栄養価の高いものを食べる風習が残っています。

その他にも、運気を向上させる事もあるそうです。この日に『ん』がつく食べ物が良いとされます。そのため、カボチャの別名である南瓜(なんきん)が有名です。その他にも、ぎんなん・れんこん・にんじん・うどんなど。

これを聞くと、これら野菜たっぷりに、うどんで夕飯は決定かもしれません。デザートは寒天(かんてん)であれば、これでもかっていうほど食材から運気を貰えるでしょう。

まとめ

冬至の頃は、寒さも相まって風邪を引きやすい季節です。そんな日は、柚子湯に入って、栄養のある食べ物で過ごしましょう。

また、海外でもお祭りとして過ごす所が多いので、寒い中でも楽しむ事が大切かと思います。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA