つわりには、漢方薬が良い!!つわりって、何で起こるのか?東洋医学から考察してみよう。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

今回は、つわりについて話したいと思います。

その症状も、人によって酷い人もいれば、問題が無い人もいます。

その違いとは、いったい何なのでしょうか?

サムネイル画像

東洋医学から学ぶ【つわり】とは!?

そもそも、妊娠をすると、女性の身体は自分のエネルギーを分け与えます。人一人を一から育てるには、かなりのエネルギーが必要となるのは、想像しやすいかと思います。

そのため、それにより妊婦さんの身体は常に、エネルギー不足だと思って下さい。

妊娠初期に、つわりの症状が出るのは、急なエネルギー不足がおこり身体が上手に反応できていないからです。

このエネルギーを東洋医学では【気】という言葉で、表現しています。

この【気】は、主に食事から作られます。しかし、妊娠により不足する事で、気が不足した状態【気虚】に急になります。そうすると、脾胃の働きが悪くなるので、吐き気や食欲不振などの胃腸の症状が出てきます。

その上、この脾胃は身体の水分代謝にも関与しますので、余分な水分が身体にある事で、より吐き気・めまいなどの症状を引き起こします。

なるほど!!それなら、その【気】を補ってあげればいいんだ!

察しが良い人は、そう思うでしょう。しかし、それでは、不十分な場合もあります。

妊婦さんというのは、この他に血液不足【血虚】・ストレス【気滞】などの症状も混ざっている場合があります。

その場合は、それを含めて対処を考える必要があります。

つわりの対処法

つわりは、主に脾胃の働きの低下により、水分代謝が良くないために起こります。

そのため、まずは水捌けの良い身体にすると、症状が緩和する事があります。しかし、過度の運動は、流産を起こす可能性があるので、やってはいけません。

それなら、どうするべきか??

お勧めは、漢方薬です。身体の水捌けを良くする漢方薬があります。

■ 小半夏加茯苓湯

これは、漢方薬でも胃腸の水捌けを良くしてくれます。そのほかにも、めまい・乗り物酔いなどにも使いやすいので、使用します。

これを服用し、胃の状態が少しでも良くなれば食事を取って、エネルギーを補充すると脾胃の気虚も改善していきます。

つわりの症状さえ取れれば、食事からエネルギーを摂取するのが一番かと思います。

まとめ

人によって、気虚・血虚・気滞などの症状があるとお伝えしましたが、まずは症状の改善を目指しましょう。

症状が取れれば、ストレスは多少なりとも減り、食事からエネルギーとなる気や血を補充は可能です。

それでも、症状が悪化するなど症状があれば、一度相談してもらえたら、幸いです。

以上、参考になれば、嬉しいです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA