あなたが飲んでいるお茶は、なんですか??普段から飲んでいるお茶について。

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

お茶は、コンビニやスーパーで売っていますが、どれを手に取っているでしょうか?

皆さんも、それぞれ好きな味があるでしょう。今回は、烏龍茶・プーアル茶・ジャスミン茶のいわゆる中国茶について話したいと思います。

中国茶というと、少し特赦な響きになるかもしれません。すでに、日本には浸透していますから、この言い方ももう古い言い方でしょう。

日本の緑茶と何が違うのか?どうでしょう?意外と知らない方もいるのではないでしょうか?

多くの方は、葉っぱの種類が違うと思った方はいるかもしれません。

けれど、同じ葉を使用しているのです。違いは、発酵にあります。

考えは、大豆と同じです。味噌・醤油・納豆など、大豆でも味は、全く違いますから。

お茶は、製法によって大別される。

■緑茶

非常に低い程度の発酵をさせたもの。

■包腫茶

ジャスミン茶などの、花を茶に移したもので<花茶>とも呼ばれます。

■半発酵茶

ウーロン茶やプーアル茶の発酵度の高いお茶に当たります。プーアル茶の方が発酵は高めです。

■100%発酵茶

紅茶がこれにあたります。

烏龍茶について

半発酵のお茶で、緑茶と紅茶の中間のお茶です。発酵させると、茶葉が鳥のように黒くなり、形も萎縮して曲がりくねり、龍に似ていたことから烏龍茶と名付けられました。

烏龍茶の効能と言えば、脂肪の分解作用です。食欲の増進・消化促進をし中性脂肪の代謝を促します。過剰に脂肪が体内に残らないように働きかけます。

中国料理には、烏龍茶が良く出るのは、このためですね。また、烏龍茶には、身体の栄養バランスを正常に保つように働く作用があります。つまり、高カロリーの食事も消化吸収するが、余分なものを排除すると言われます。

※緑茶との違いは、ビタミンCが含まれていない。発酵の過程で、分解されてしまうため。

プーアル茶について

半発酵のプーアル茶は、血液中のコレステロール・中性脂肪を減少させる働きがあります。また、烏龍茶と同じ作用があると言われます。

ジャスミン茶について

花茶と呼ばれ、茉莉花茶とも呼ばれます。消化促進作用があるのと、やはり花の香りを楽しむお茶となります。

臭いの強い料理の、臭い消しとしても有効だと言われます。

今回は、中国茶と呼ばれるお茶についてでした。どれも消化を助けてくれるので、現在も食事と楽しまれるものでした。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA