年末年始を過ごしてから、やる気の低下・倦怠感は、脾胃の失調が原因かもしれません。 【冬の養生法】

はーい。こんにちわー。

元気堂です。

年を明けて、やる気が出ない・・・。動きたくない・・・。このような気持ちになっている方は、年末年始の暴飲暴食により、脾胃が弱っているかもしれません。

東洋医学では、脾胃は消化・吸収だけでなく、水分代謝のコントロールだったり、様々な働きがあります。中でも、食事を胃でドロドロに消化してから水穀の精微(栄養)を作り出す事が重要な働きです。

そのため、脾は運化を司るという言葉が存在します。飲食物の消化・吸収の一連の流れを全て脾がコントロールしている事を意味しています。つまり、この脾の運化作用に失調をきたすと食欲不振・胃もたれ・食後の倦怠感・軟便・浮腫などを生じます。

また、栄養を上手く吸収できないと、倦怠感・やる気の低下に繋がるでしょう。

脾胃の働きを向上するには、なにをすべきか??

■ 朝食を食べる習慣をつける

東洋医学では、臓器毎に活発的に働く時間があります。脾が活発に働くのは、午前9〜11時で、胃は午前7〜9時のため、朝食を食べることは効率よく水穀の精微を作る事に繋がります。

注意する事は、脾胃は冷えや脂っこいものを嫌います。そのため、なるべく温かい食べ物で、消化に良いものを選びましょう。

一般的に、朝イチから脂っこいものは食べないと思うので、冷たい物だけに注意を払うと良いでしょう。また、お酒・甘いものの食べ過ぎは、脾胃に湿を溜めるので、胃もたれなどの胃腸病を引きおこします。

夏場に、胃腸病が増える場合は、暑さのあまり冷たい物を好んで食べている事が原因の1つです。

■ 脾胃を元気にする食材を取り入れよう。

脾胃を元気にする食材の特徴は、黄色い食材×甘味です。先ほど、甘いものの食べ過ぎは良くないと伝えていますが、適量であれば元気にする事は覚えておきましょう。

例えば、とうもろこし・大豆・かぼちゃ・大根・粟・ごま・豆類(いん げん、枝豆、えんどう、そら豆など)・かぶ・アスパラガス ・昆布・かつお・白菜・キャベツ・落花生・小松菜・カリ フラワー・ぜんまい・なす・レタス・たけのこ・にんにくなど

冬は腎の季節!! だが、脾胃の管理が大切。

東洋医学では、1月は腎の季節であり、脾胃よりも腎が弱る季節となります。そのため、補腎作用のある食事や養生が大切となります。しかし、この腎を補うためには、水穀の精微(後天の精)が必須となります。

水穀の精微を管理しているのは、どこかもうお分かりかと思います。 脾胃ですね。

また、冬に脾胃を大切にすると良い理由が他にもあります。 水穀の精微は、身体に必要な気・血・津液の原材料となります。つまり、身体を滋養するためには無くてはならない存在です。気の働きの1つに温煦作用があります。これは、身体を温かく保つ働きであり、真冬の寒さに負けないためにも欠かせません。

脾胃や腎を元気にする漢方薬とは??

補気作用・補腎作用がある漢方薬を選ぶ必要があるでしょう。

・ 補気作用:補中益気湯・四君子湯・大建中湯・人参湯など

・ 補腎作用:六味地黄丸・左帰丸・右帰丸・八味地黄丸など

これらの方向性で服用することをオススメします。以下のような、丸剤は両方の作用を含む生薬構成をしています。

まとめ

冬場になると、補腎作用がある食べ物や漢方薬が大事となりますが、脾胃も大切にすることが全体的な養生となります。

結局は、規則正しい生活スタイルが身体全体を滋養します。食事の偏り・睡眠不足・暴飲暴食などは1番身近で、健康を阻害するので心当たりがある方は気をつけていきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

漢方専門薬局元気堂(各種生薬、健康食品の通信販売、漢方無料個別相談) (kanpo.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA